安いドックフードではアレルギーが
犬に出やすいと聞いたことはありませんか?

いったいその理由はなんなのでしょうか。

スポンサードリンク


安いドックフードでアレルギー?


犬のアレルギーは身体に進入してきた
異物に対して過剰に反応してしまうこと
で起こります。


つまり安いドックフードには身体が過剰
に反応してしまう原料が含まれていると
いうことです。


犬用の市販されている安いドックフードは
原料の質が悪く、添加物が多く含まれて
います。


国産のドックフードには基準が無く、どんな
ものを入れてはいけないという決まりがあり
ません。


そのため、本来なら捨ててしまうような肉の
部位や古くなったものも原料として使用されて
しまいます。


スポンサードリンク


また、犬がよく食べるようにと作られている
ので、アレルギーが出やすいとされている
原料もふんだんに使用されています。


牛肉、豚肉、鶏肉、トウモロコシ、小麦など
アレルギーが起こることが多いとされており、
処理方法もよくありません。


なかでも安いドックフードにはトウモロコシや
小麦の割合が多い
ため、アレルギー症状が強く
出てしまうことがあります。


さらに鶏肉であればトサカなどヒトでは食べる
ことが無い品質が低いものも使われています。


また、添加物、着色料にもアレルギー反応が
出てくると言われています。


そのためアレルギーが出にくい原料、ヒトでも食
べられる原料を使用され、添加物、着色料が無い
ドックフードが選ばれています。


WS000849


高いドックフードには理由があります。
アレルギーなどで病院に行くことを考えれば
かなり安いものです。


安いドックフードを食べさせ続けることで、
消化の負担も軽くなり、ストレスが減ります。


結果として犬の寿命にも繋がってくるので、
飼い主さんがしっかり選んであげましょう。