犬を外飼いしてたら寒い時期に対策を
しなくていいのか迷いませんか?

外飼いの犬の寒さ対策について
まとめてみました。

スポンサードリンク


外飼いの犬にできる寒さ対策


雪の上で寝るような寒さに強い犬もいます。
これは犬種や育ってきた環境でも寒さへの
弱さはかなり違うからです。


そのため寒いからかわいそうだし、寒さ
対策してあげたけど逆に暑くてストレス
なんてことがないようにします。


寒さ対策しても暑い場合にその場所から
犬が移動できたり、よけたりできるよう
にしておきましょう。


スポンサードリンク


・玄関の中に移動する


1番冷え込む夜の間だけでも玄関の中に
移動します。寒さ対策として風が入り
込まないことはかなり有効です。


これは歳を重ねてくるとさらに寒さに
弱くなることを考えても玄関に入れて
あげれたらいいですね。


WS000343


・犬小屋を囲う


イメージとしては犬小屋をすっぽりと
囲ってあげる感じです。


ダンボール、ナイロンシート、毛布でも
なんでもいいですよ。


犬小屋の外に1枚なにかあるだけですきま
風も減り、寒さが違います。


こんなやつでもいいですよ↓↓
LBSアルミブランケット


・入り口を閉める


犬小屋の入り口から入る冷気を減らして
あげます。カーテンなんかがおすすめ。


もちろん外には自由に出れるように。


WS000344


・小屋に断熱材


小屋に寒さを通しにくくする断熱材を
貼ってあげます。


厚手のダンボールでもいいですが、
断熱材の方が暖かいですよ。


WS000345


もちろん足元にも設置してくださいね。
寒さは足元からきます。


例えばこんなのを犬小屋の内側に強力な
両面テープで貼ってみてください↓↓
保温シート アルミホットンシート


・マットを入れる


フカフカのものから人がキャンプで使う
ものまでいろんなものがあります。


寒さは足元からなので、敷物をしてあげ
ましょう。


断熱材で紹介したものより厚手のやつ↓
保温シート アルミホットンマット


断熱材やマットを入れるときに気をつけたい
のはかじってしまうことです。食べたり
しちゃわないようにしないといけません。


・毛布


毛布は入れてあげましょう。好きなように
自分で置いて暑ければ動かしてくれます。


・湯たんぽ


湯たんぽを毛布で巻いて入れてあげます。
結構暖かくて快適のようですよ。


WS000351


・ペットヒーター


ペットヒーターをつけてあげます。とくに
子犬や老犬には考えてもいいものです。


寒さで震えていないのならここまでする
必要はないことが多いですよ。


犬が暑くなるなら離れることができる工夫
をしないとダメです。
犬小屋の外側を檻で
囲って小屋の外に出れるようにしたり。


WS000348


犬によっては寒さ対策しすぎても毛布を
外に出したり、離れたりできるように
しておけば大丈夫です。


どれだけ防寒するかは普段からしっかりと
観察して寒がっていないかチェックです。


一番冷え込むのは明け方なのでそれも
考えてもあげてください。