犬がアレルギーになってしまったら、
原因を探したいですよね。

そのためにはアレルギー検査が有効ですが
値段
はどれくらいなんでしょうか。

また、アレルギーを薬で治療するには
どんなことをするのでしょう。

スポンサードリンク


犬のアレルギー検査の値段は?


犬のアレルギー検査は動物病院で
受けることが出来ます。


血液中のアレルギー反応物質を測定する
ことで何にアレルギーがあるかを調べる
ことが出来ます。


このアレルギー検査には項目がいくつも
あり、調べる項目数によって値段が
変わってきます。


IgEという物質を調べる検査であれば
安くて1万5千円前後の値段がかかります。


検査する方法やしてもらう方法によって
値段はかなり違います。100項目くらい
を3万円くらい
で行っていたりします。


動物病院によってかなり、方法や値段
が違うので電話でいくつかの病院で
聞いてみて選んでみてもいいかと思い
ます。


スポンサードリンク


犬のアレルギーの薬の治療は?


犬のアレルギーに対して薬で治療する
ことも多いです。とくに皮膚に異常が
出てきたときなどに薬を使っていき
ます。


・ステロイド薬


炎症を抑えてくれ、かゆみや腫れを
抑えてくれます。


・抗ヒスタミン薬


アレルギー反応が出ると身体から炎症
物質を出します。これがヒスタミンと
言い、これを抑えるための薬です。


かゆみや腫れを抑えてくれます。


この2種類はアレルギーに対しては
ほぼ必ず使われる薬です。ただし、
慢性的なひどくなってしまった症状に
対しては抑えきれないことが多いです。


WS000715


・抗アレルギー薬


抗ヒスタミン薬と基本的な作用は同じ
です。副作用があまりないため、
ステロイドの量を減らすためにも有効
です。


・抗生剤


抗生剤は菌を倒す効果があります。
アレルギーそのものに対しては効果
はありませんが、皮膚に異常があり、
免疫が弱まったときの感染を抑える
効果があります。


皮膚に膿が溜まるような場合、感染
予防に使われます。


・免疫抑制剤


過剰に反応するアレルギーそのものを
軽くするための薬です。


ひどいアトピーなどに使われ、副作用
は低いとされており、ステロイドを
減らすためにも有効です。


ただし、値段が高いという欠点が。


WS000673


・インターフェロン


免疫物質であるインターフェロンを
使うことで免疫の働きを正常にする
という働きがあります。


インターフェロンをアトピーなど
アレルギーに使う治療は比較的新しく、
非常に値段が高くなります。


アレルギーに対して薬を使うことで
抑えることは出来ますが、完治させて
しまうことはかなり難しいです。


アレルギーの原因物質そのものを取り
除かないとアレルギー反応は起こり
続けるためです。


減感作療法と呼ばれる、アレルギーに
対して慣れさせるという治療法もあり
ますが、やはり原因を特定していく必要
があります。