犬にアレルギー症状が出ているなら
どうやって対策してあげたらいいの
でしょうか。

ヨーグルト、食べ物、サプリメント
など治し方についてまとめてみました。

スポンサードリンク


犬のアレルギー対策!


犬にアレルギー症状が出てしまうと
なかなか治すことは難しくなります。


そのアレルギーの原因を特定すること
が難しいからです。やはり犬のアレルギー
対策には原因の特定は大事です。


それに加えてアレルギーを抑えるため
のものもあります。


対策するための方法を紹介していきます。


1.アレルギー検査


犬にとって何がアレルギーの原因と
なっているのかアレルギー検査を行う
ことで分かることがあります。


検査の項目とアレルギーの原因が合って
いれば、何が原因となっているのかすぐ
に分かり、対策を立てやすくなります。


検査項目にアレルギーの原因が無ければ
再検査もしくは分からないという結果に
なってしまいます。


血液中のアレルギー反応物質がどれくらい
あるのかを測定する検査
方法があります。


これで完全には分からなくても目安にして
さらに原因を探っていき対策していくよう
になります。


スポンサードリンク


2.食べ物アレルギーか確認


犬が食べ物アレルギーである場合の
最高の対策はその食べ物を食べさせ
ないことです。


アレルギーの原因となる食べ物が
分かれば、それを食べさせないことで
アレルギー症状は起こりません。


どの食べ物にアレルギーがあるのか
どうかを特定するのはなかなか難しい
ことです。


食べ物アレルギーであるか確認する
ための方法です。


その1


3ヶ月の間に同じドックフードのみを
与えます。
他の食べ物は与えないよう
にします。(おやつも与えない)


そしてアレルギー症状が悪化もしくは
改善されたかを確認します。


アレルギー症状が悪化しているので
あれば、ドックフードに含まれている
成分がアレルギーの原因である可能性
が高くなります。


アレルギー症状が改善されたら、その
ドックフードにはアレルギーの原因と
なる原材料が入っていないということ
です。


これを行うときにはドックフードの
成分表を見ておき、症状が悪化した
ときには他のドックフードを試して
いきます。


時間はかかりますが、アレルギーが
起こりにくい、起こらないドックフード
を探すための対策です。


WS000771


その2


除去食試験という方法でアレルギーの
原因の食べ物を探します。


アレルギー原因かもしれないという
食べ物をいっさい食べさせないように
して、様子を見ていくものです。


牛肉を含まないドックフードにする
豚肉を含まないドックフードにする
鶏肉を含まないドックフードにする
小麦を含まないドックフードにする


こういった方法を2ヶ月くらい続けて
いくことで、アレルギー原因となる
食べ物を確認
します。


WS000564


その3


負荷試験という方法でアレルギー原因の
食べ物を探します。


これがアレルギーの原因の可能性が高い
ものを食べさせることで症状が出るかを
確認します。


牛肉を食べさせる
豚肉を食べさせる


など行っていきます。これはひどい
アレルギー症状を引き起こす可能性も
あるので病院の指導のもと行いましょう。


WS000704


3.掃除


犬のアレルギーの原因がハウスダスト
の場合には完全には遮断することは
出来ません。


ただし、なるべくハウスダストに触れ
ないようにする
ことはマメな掃除で
可能です。


床や畳は雑巾で水吹き
棚の上もホコリが積もってない状態に
布団やカーペットは定期的にクリーニング


こういった掃除をすることが犬の
アレルギー対策となります。


4.ヨーグルトは?サプリメントは?


犬のアレルギー対策としてヨーグルト
ってどうなのか気になりますよね。


ヒトではヨーグルトを食べ続けると
アレルギーが軽減すると言われています。


これは腸内の善玉菌が増えて、免疫が
うまく働くためと言われています。


もちろん犬にもアレルギー対策として
有効
とされています。


ただし、乳製品そのものにアレルギー
があることがあるので注意しなければ
いけません。


そしてヨーグルトの脂肪分は高いので
肥満にも気を配らなければダメなんです。


また、市販のヨーグルトはヒト用に
作られているので犬に合うかどうかは
与えてみなければ分かりません。


下痢をしない、便が緩くなったりしないので
あれば少しずつ毎日与えてみてもいいと思い
ます。


長い間与え続けてみるのは大変なので、犬用
の乳酸菌のサプリメントもおすすめです↓↓


犬 サプリ 乳酸菌


犬のための乳酸菌のサプリメントなので、
合う可能性が高くなります。さらにドック
フードに混ぜたり、飲み水に混ぜれるので
与えるのは簡単です。


犬のアレルギーの対策はいろいろありますが、
原因を特定することが出来るかが大事
です。


治療法もいくつかあり、ステロイドをなるべく
使わない選択をしてくれる病院もあります。


アレルギー対策に力を入れている病院を
見つけて行ってみるといいでしょう。