犬が暑さ弱いのは知っていますか?
暑さが続くとストレスになります。

吐く
下痢
食欲が無い

こんな症状はもしかしたら暑さが原因
かもしれません。犬が暑いときに
どんな症状を出すのか
まとめて
みました。

スポンサードリンク


犬は暑さがストレス??どんな症状が出るの?


犬は暑さに弱いため、暑いということ
でストレスがかかってきます。


犬はストレスがかかるといろいろな
症状が出てきます。暑いときには犬は
どんな症状が出るのでしょうか。


1.食欲が無い


暑い時期になると食欲が無いという
ことはよく起こります。


夏は体温を上げるために熱を作り出す
必要がほとんど無くなるために、代謝
が落ちてきます。


代謝が落ちるということはあまり食べ
なくてもいいということになり、寒い
時期よりも暑い時期の方が食欲は無く
なるのが正常
です。


WS000715


もちろん暑いことでストレスとなり、
食欲が無いということも多いです。


暑くてストレスがかかると自律神経
のバランスが崩れます。暑いときには
交感神経が優位となり、食欲を出して
くれる副交感神経の働きが弱くなって
しまう
のです。


食欲が無いという症状は暑さに弱い
犬ではよくあらわれてきます。


スポンサードリンク


2.吐く


暑いときに犬が吐くことがあります。
この症状が出れば熱中症になっている
可能性があります。


体温調節の機能を超えて体温が高い
状態かもしれません。


なるべく体温を外に逃がそうとする
ため、皮膚の血管が広がります。


その代わりに胃腸などの血管は収縮
して血流が少なく
なることが原因
だそうです。


WS000704


それに加えてヨダレを出しまくって
体温を下げようとするために脱水を
起こしていることが多いです。


このときに身体の反応として血管が
収縮してしまい、その刺激によって
吐き気が起こるようです。


暑さで犬が吐くほどの症状を出して
いるなら気をつけなければダメです。


3.下痢


犬が暑さでストレスを強く感じたり、
熱中症になると下痢をすることが
あります。


暑さのストレスにより、自律神経が
乱れると胃腸運動が弱まるため、下痢
してしまうのです。


さらに熱中症により、脱水が進んで
しまうと体内のミネラルバランスが
崩れてしまいます。


このバランスを元に戻そうとするため、
水分を外に出そうと身体が働くために
下痢となるようです。


WS000703


︎さらに熱中症の症状が進行した場合には
血便、血尿、吐血などが出ることも。


4.ヨダレが多く、呼吸は速い


暑さを感じたり、熱中症になると
ヨダレが増えて、呼吸が苦しそうに
速くなります。


これはなるべく体温を下げようと
パンティングをしています。


熱中症がひどくなると酸欠になって
しまうので、酸素を取り入れようと
していることも。


WS000711


熱中症まではいかなくても暑さは犬に
とっては強いストレスになります。
犬のストレスによる行動はこちら↓↓
犬がストレスを感じるときにする行動は>>


暑さに弱い犬が快適に過ごせるように
工夫してあげましょう。