犬の便に白い虫がいたらもしかしたら
回虫かもしれません。

いったいその原因は何なのでしょうか?
感染経路はまとめてみました。

スポンサードリンク


犬の回虫症の感染経路は?原因は?


回虫の感染経路はいくつかあります。


・回虫に感染している母犬の妊娠中に
胎盤を介して感染


・母犬の母乳を介して感染
(母犬から子犬へ)


母犬が感染していることが原因となり
ます。この場合には母犬に回虫が感染
しているか検査しておくことで防ぐ
ことが出来ます。


WS000851


・回虫の卵がある場所を犬が舐めて
感染


・回虫に感染しているネズミなどを
食べて感染


この場合には犬が感染しているものを
舐めたり、食べることが原因です。


完全に防ぐことは難しいですが、散歩
中に拾い食い(草を食べたり)、他の
犬の便に近づかないことは大事です。


犬が食べる草は家で用意していつでも
食べれるようにしておきましょう。


WS000853


感染した回虫は身体の中を動いて
最終的には小腸に寄生
します。
そこで卵をいくつも産んで便から
出てきます。


犬の身体の外に出た回虫の卵をまた
犬やネズミが食べることで孵化して
成長していきます。


この流れの感染経路で犬が感染します
感染してしまうといろいろな症状が
出ることがあります。


スポンサードリンク


犬回虫の症状は?


犬の回虫症は基本的には成犬では
起こりません。


成犬は免疫がしっかりとしているため
で、回虫の卵から孵化した幼虫は
シストと呼ばれる殻みたいなもので
ガードしてしまいます。


そのため、幼虫から成虫へと成長する
ことはないのです。しかし、免疫の
弱い幼犬、老犬、妊娠した犬、栄養
不足の犬では症状が出る
ことがあり
ます。


WS000709


犬の回虫症の症状が出ると


・嘔吐
・下痢
・食欲が無い
・お腹が痛い(背中を丸めて動かない)
・腹部の膨らみ
・毛ヅヤが悪くなる
・栄養障害(子犬が大きくならない)
・体重が減る
・貧血
・腸閉塞(大量の回虫が腸で詰まる)
・咳をする(回虫が気管支や肺に移動することがある)


こんな症状が出てきます。嘔吐や下痢
した物の中に白い虫がいることがあり
ます。︎
ちなみに回虫の卵は目では見え
ません。


WS001197
参照:wikipedia


産まれて半年以内の子犬に症状が出る
ことが多いのが特徴です。(産まれた
子犬の9割に回虫がいると報告されて
います)


成犬になってからも症状が出なくても
感染していることも多いです。


子犬が大きくならない、嘔吐、下痢を
するなど症状があればもしかしたら
回虫症かもしれません。


WS000771


回虫はヒトにも感染してしまうため、
対策が必要となってきます。


ほかにもこんな寄生虫がいたりします
犬の便に白いつぶつぶがあったら>>