犬がブロッコリーを食べれるかどうかを
まとめています。

与えるときには芯は大丈夫なのか、生は
やめたほうがいいのでしょうか。

スポンサードリンク


犬はブロッコリー食べれる?大丈夫?


犬にブロッコリーを与えて良いか
迷われる飼い主さんが多いのですが、
結論から言うとブロッコリーは犬が
食べれる野菜
です。


ビタミンやカリウム、鉄分、マグネシウム
など栄養の宝庫であるブロッコリーは
抗酸化作用の強い優秀な野菜です。


そのため人間だけでなく、犬にとっても
ガンの予防にも大きく役立つ
と言われて
います。


スポンサードリンク


与える際はブロッコリーを生で与え
ないでください。
生で与えると犬は
消化しづらいので必ず生ではなく、
茹でてあげるようにしましょう。


また人間の場合でしたら、ブロッコリー
を茹でる際には少量の塩を入れて
茹でますが、犬の場合は塩分の取り
すぎになることがあるので、注意が
必要です。


次に、ブロッコリーを犬に与える際は
出来ればブロッコリーは房の部分を
与えるようにしてあげてください。


芯の部分ももちろん与えても大丈夫
なのですが、芯の部分は繊維質が多い
ので、消化力の弱い子は与えると下痢
をしてしまうこともあります。


個体差がありますので一概には言え
ませんが、大丈夫そうであれば、芯の
部分は厚めに皮をはいであげてくだ
さい。


それから芯の部分は硬いのでミキサー
などで細かく砕いてあげるのも良い
です。


WS001204


ブロッコリーを犬に与える際には茹でて
細かくしてあげて与えるのが鉄則です。


しかし何事にも適量という言葉がある
ようにブロッコリーも与えすぎには
注意が必要です。


ブロッコリーはキャベツなどと同じ
アブラナ科の植物で、甲状腺が弱い犬や
甲状腺の病気に注意しなければならない
犬の場合は与えない方が良い
です。


またブロッコリーには尿路結石を引き
起こすシュウ酸が含まれています。


シュウ酸を多く含むほうれん草の4分の1
程度と言われていますが、気に留めて
おいた方が良いです。


そのため、ブロッコリーを与える際は
毎日ではなく、時々少量をあげるように
してください。


WS000163


ブロッコリーは犬が食べれる野菜です。
むしろビタミンなど栄養分が豊富なので、
手作りで餌を与えたい方や、毎日ドライ
のドッグフードを与えるのにアレンジを
加えたい方にはもってこいの食材と言え
ます。


犬は時々散歩の途中で雑草を探して食べる
ことが多いです。


理由はストレスだったり、ビタミン不足
だったりします。もしビタミン不足で
あったら、毎日の食事にブロッコリーを
茹でてあげれば、ビタミンと一緒に水分
も摂取できるのでとても良いです。


生で与えたり、与えすぎには注意が必要
ですが、愛犬の状態を確認しながら
ブロッコリーを与えてみてください。