犬に牛乳を与えても大丈夫かどうか
という疑問をよくインターネットなど
で議論されており、賛否両論があります。

ダメな理由は下痢しちゃうからという
ものなんですが本当に与えない方がいい
のでしょうか。

スポンサードリンク


犬に牛乳は大丈夫?


実際は犬に牛乳を与えても大丈夫です。


もちろん人間でも下痢をする人がいる
ように犬の中には牛乳が体質に合わ
なくて下痢をする子もいます。


しかし牛乳はカルシウムやラクト
フェリン、鉄分など栄養素を沢山含んで
いる食品です。


犬にとって危険と言われる玉ねぎやニラ
などのような、絶対に与えてはいけない
食品ではありません。


そして牛乳は犬は大好きなことが多く
、食欲がないときにフードにかけて
あげると食べるようになるということ
もあります。


夏バテなどで食欲が落ちてしまった
ときには、フードを食べさせる目的
や栄養の補充という目的で使ってみる
のもいいでしょう。


もちろん毎日毎日がぶ飲みさせている
と太ったり、カルシウムの摂りすぎに
なってしまうので、与えすぎには注意
しましょう。


また、子犬を牛乳で育てるのは栄養分が
足りないことがあるので、止めた方が
いいとされています。


スポンサードリンク


犬は牛乳で下痢をする


牛乳の中には乳糖という成分が含まれて
います。乳糖を他の動物の乳と比べて
みると、牛乳は5.0%、ヤギのミルクは
4.1%、犬の乳は3.1%です。


比べて見てみると牛乳は犬にとって
多くの乳糖を含んでいる
ため、体内で
うまく分解することができず、下痢
などの症状を引き起こすことがあります。


子犬の時は乳を必要としますので、
乳糖を分解する酵素をまだ体内に保持
していますが、成犬になってしまうと
この酵素が不要になります。


そのため成犬になると牛乳を分解する
ことができなくなる場合が多い
です。


乳糖は熱を加えても分解されないので、
牛乳を温めて犬にあげても結果は同じ
です。


もちろん犬ごとによって下痢をして
しまう、しないなど個体差はあります。


WS001267


犬は牛乳で尿石になる


もうひとつ犬に牛乳がダメと言われて
いる理由としてカルシウムが高いので
尿石になってしまうというものがあり
ます。


シュウ酸カルシウムという尿結石が
出来やすいのであれば、牛乳のカル
シウムによって悪化させてしまう
可能性があります。


一度でもシュウ酸カルシウムの結石が
できたことがあるのなら、牛乳は控えた
方がいいです。


ただ、結石になる原因として牛乳を飲むと
いうことよりも、体質、膀胱炎、他の食生活
などが大きな原因にはなっています。


結石になっちゃうかもと牛乳を全く与え
ないというほど神経質になる必要はない
でしょう。


犬が牛乳を好きで、下痢をしないので
あれば少量だけ、たまにという感じで
与えても問題ありません。


WS001205


犬に牛乳を与える方法は


もし、牛乳を与えてしまうと下痢などの
症状をおこしてしまう時は牛乳ではなく、
チーズやヨーグルトを与えることを
おすすめします。


チーズやヨーグルトの方が乳糖の割合が
低い
ので犬に負担がかからないので犬に
与えて大丈夫なことが多いのです。


(塩分の含まれたチーズの与えすぎには
注意してあげましょう。)


或いは犬用のミルクなら乳糖が分解
されていますし、ビタミンなどの栄養素
も配合されているので、そちらを与えて
みても良いでしょう。


もし牛乳を与えてみようと思うので
あれば、まずは少量ずつ試してみて
ください。


或いは乳糖の比率を下げるために牛乳
水で薄めて与えてみてください。


これでも便がゆるくなるなど症状が
おこる場合はその犬にとって牛乳は合わない
ということなので、牛乳を与えるのを止めた
ほうがいいでしょう。


WS001208


また、犬の中には牛乳アレルギーを持って
いる子もいます。


少量の牛乳で痙攣や嘔吐などアレルギー
症状が現れた場合はすぐに与えるのを
中止してください。


それから妊娠中の犬に牛乳を与えると胎児
に牛乳アレルギーの症状が出る場合があり
ます。


妊娠中の犬に牛乳を与える時は獣医さん
に相談した方が良いでしょう。


牛乳は栄養価の高い飲み物です。まずは愛犬
が牛乳を許容できるかどうかを判断してから
与えるようにしてください。