犬の血液検査をしてみると白血球数が
少ない
なんてことがあったとき心配
ですよね。

まずは正常値っていくつかまとめて
みました。そして少ない時にはどんな
病気があるのでしょうか。

スポンサードリンク


犬の白血球数の正常値はいくつ?百分比は?


犬の白血球数の正常値は
9000~17000/μl
です。


白血球の中には種類がいくつかあり、
その数で犬がどんな状態なのかを把握
することもあります。


好中球の正常値
3000~11000/μl


リンパ球の正常値
1000~5000/μl


好酸球の正常値
100~1200/μl


好塩基球
ほとんど無し


単球
150~1500/μl


白血球数の正常値は測る機械によって
多少前後します。白血球数の正常値を
大きく超えて、多い少ない場合には病気
など何か原因がある可能性があります。


ここからは白血球の数が少ない場合に
どんな病気などが考えられるかまとめて
います。


犬の白血球が少ない場合


犬の白血球が少ないときにはいくつか
原因が考えられます。


スポンサードリンク


1.感染症


白血球が少なくなる原因として一番
多いものです。


細菌やウイルスによる感染が起こると
感染した場所に白血球が血液中から
移動していき戦います。
(好中球、リンパ球)


移動し続けるために、血液中の白血球
が減少
していき少ない状態になります。
白血球を作るより消費の方が上回る状態
です。


WS000770


白血球数が少ないときには身体の
どこかで戦っている可能性があるん
です。


2.骨髄の異常


白血球を作っている骨髄に異常がある
場合には白血球数が減少してしまい
ます。


骨髄に腫瘍があったり、線維化して
いることも。


WS000710


3.犬の体質


犬の体質によっては正常値よりも常に
低いことも
あります。とくに病気を
しているわけではなく健康でも少ない
状態なんです。


この場合には何度か血液検査を行っても
いつも白血球数が少なく、健康ではある
のですが、免疫力が低い可能性があり
ます。


風邪や病気にかかりやすいので注意して
あげましょう。


WS000702


4.ショツク


ショツクといっても菌が作り出す毒素
によるショツク。
(エンドトキシンショク)


アレルギーの重篤なショツク
(アナフィラキシーショツク)


の場合には白血球(おもに好中球)が
減少してしまいます。


WS000673


5.ステロイド


ステロイドの薬を服用していたりする
と白血球の数が少なく(主にリンパ球)
なることがあります。


ステロイドを長く使えば使うほど減少
することがあります。


WS000701


6.ストレス


犬はストレスを強く受けたり、長い
間受けてしまうと白血球数が減少
(主にリンパ球)することがあります。


入院なんかするとよくリンパ球の数が
少ない状態に
なることも。


WS000563


白血球数だけが減少したときの状態を
まとめてみました。


中でも常に白血球が少ないということ
もあるので、どうしても気になること
は獣医師にいろいろ聞いてみましょう!