犬の白内障は少なくない病気の一つです。

今回は白内障の症状と原因について紹介
します。

スポンサードリンク


白内障とは


人間だけでなく犬もかかりやすい病気
と言われる白内障。


白内障は眼の中の水晶体というレンズ
の役割をしている場所の病気です。


この水晶体を構成しているタンパク質
が何らかの原因によって、変性して
しまうことで、濁っていってしまう
のです。


これによって徐々に視力が低下してく
という病気なんです。
WS000852


白内障の症状は


症状としては視力の低下です。初期
ではお風呂の中の湯気の中にいるよう
に、モヤがかかったように見えはじめ
ます。


この段階では、犬は物が見えづらいと
いっても、普通に歩けているということ
が多いです。


ただ、物にぶつかりやすくなったりと、
変化が少しずつ現れて
きます。


初期症状は分かりづらく多くの飼い主
さんたちは愛犬の白内障の症状だと
気づかず見落としてしまうことも多いです。


気が付いた時には症状が進んでいたと
いうこともありえます。


症状が進行すると水晶体がどんどん
白く濁っていっていくので、視界が
白く染まってしまい、何も見えなく
なります。


最終的には失明してしまいます。
白内障の治療は難しく、進行を抑える
ということがメインになってくるので、
早期発見で失明を防いでいく必要が
あります。


飼い主さんとしては犬の歩き方などに
注意しておきたいところです。


スポンサードリンク


白内障の原因は


白内障の原因は様々です。一番多い
原因は加齢によるものです。早い
場合は5~6歳で発症します。


10歳くらいの犬でしたら大半の犬が
発症しています。


しかし白内障は老犬のみの病気では
ありません。後天性の原因として
糖尿病の代謝性疾患や事故などによる
外傷が原因
でなる場合もあります。


糖尿病による白内障の場合は進行が
早いので、特に注意が必要です。


またプードル、ミニチュアダックス
フンド、ミニチュアシュナウザー等
は先天的に白内障になりやすい犬種
で年齢に問わずかかりやすいです。


先天的な白内障の場合は生後数か月
から数年で発症してしまいます。
これらの白内障は「若年性白内障」
と言います。


WS000058


飼い主さんによる早期発見が何よりも
白内障の予防に必要なのです。


また糖尿病の代謝疾患による白内障
の場合は、白内障のケアはもちろん
ですが、それに優先して糖尿病の
ケアをされることが多いです。


いずれにせよ、犬は自分の眼が見えなく
なってもそれを訴えることができません
ので、日々の健康管理を徹底することが
飼い主さんにとって必要です。