犬も歳をとってくるとかかりやすい
病気として知られている白内障。

犬の白内障を予防するためには
サプリメントや目薬はどんなものが
有効なのでしょうか。

スポンサードリンク


白内障の原因は加齢が一般的ですが、
事故などの外傷や、糖尿病の代謝疾患
先天性であることも中にはあります。


加齢による白内障の場合、早い犬なら
5~6歳で発症する犬もいます。


また10歳以上の犬でしたらほとんど
の犬が気づかないうちに白内障が進行
していっています。


白内障は眼の中の水晶体が濁って
しまって視力が低下してしまう状態
をいい、手術以外では完治が難しい
と言われています。


加齢が原因の白内障は犬がもう歳を
とっているので、体力面で不安が
あるため、白内障の手術を受ける
ことを避ける傾向にあります。


確かに老犬にとって、全身麻酔をして
水晶体を取り出して人工のレンズを
入れることはかなりの負担になる
でしょう。


ですから老犬の場合は白内障の治療
として目薬やサプリメントの内服を
推奨されることが多いです。


スポンサードリンク


犬の白内障は目薬で予防?


犬が白内障であることが分かったら、
目薬を処方されることがあります。


目のレンズ部分の水晶体という場所の
タンパク質が変性してしまうことを
防ぐ目的で使われます。


目薬は基本的に使っていても治癒する
ことはなく、白内障の進行を遅らせる
ためのものです。


専門的な眼科医の中には効果が無い
とも言われていますが、幅広く使われて
いるものです。


どんな効果があるか目の専門の獣医師
に尋ねてみるといいでしょう。


白内障を予防できるサプリメント


メニコンが出しているメニわん
シリーズはアスタキサンチンやビタ
ミンEが配合されており、小型犬でも
食べやすいサプリメントとして人気が
あります。


メニわんはこちら↓↓
メニわんEye


それから千寿製薬が出しているライト
クリーンは犬用の目薬で老年性白内障
の進行を遅らせる効果が高いので、
こちらも多くの愛犬家から支持をされ
ています。


ライトクリーンはこちら↓↓
動物用医薬品 ライトクリーン


またアメリカで開発されたドッグ
クララスティルも白内障の進行を
遅らせたり、予防したりするのに効果的
な目薬で、愛犬家の間で大変評判が良い
です。


その他にも白内障に効果があるという
ポロポリスやアガリクスが配合された
サプリメントも白内障の予防に大変
効果的です。


これらのサプリメントや目薬はインター
ネットで簡単に購入することができます。


メニわんシリーズやライトクリーン、
ドッグクララスティルは多くの臨床
試験をクリアしてきた安全性の高い
ものですから安心して使ってもらって
大丈夫です。


但し、飲み合わせや併用については独自
で判断せず、一度獣医に相談してから
使用することをおすすめします。


WS001267


目薬とサプリメントで完璧に白内障を
予防できると断言できないのですが、
かなりの効果が期待できることは多く
の症例で明らかになっており、症状の
進行を抑えてコントロールできるので
おすすめです。


犬は聴覚や嗅覚を頼りに生活しています
ので、あまり視力が低下してもある程度の
日常生活はおくれます。


しかし、活発な動きを怖がるようになり
ますので、やはり若い頃から視力のケア
はしてあげた方が、老犬になった時に
犬も飼い主さんも不安なく過ごすことが
できます。


愛犬のシニアライフをサポートするため
にも目薬とサプリメントを試してみては
いかがですか?