犬の歯磨きなんてしたことないという方
は多いのではないでしょうか。歯磨きは
必要なんでしょうか。

歯磨きを始めるのはいつくらいから?
頻度は?まとめてみました。

スポンサードリンク


犬の歯磨きは必要なの?


犬の歯磨きが必要かどうかって気に
なりますよね。嫌がる犬もいるので
歯磨きは大変です。


しかし、歯磨きをしなければ歯が黄色く
歯垢が溜まってしまい、口臭の元に
なったり、歯槽膿漏や歯肉炎などの
歯周病トラブルの可能性が高くなります。


こういった口の中の問題は細菌が繁殖して
しまうことで起こり、口の粘膜から血管内
へと侵入し、心臓、腎臓、肝臓に負担を
かけたりと病気の元
になることが分かって
います。


(ヒトでも口の中が原因の病気は多い
とされています。脳出血の一因など。)


このため犬の歯磨きは大変ですが、必要
なものなんです。歯磨きしてないけど
という犬も多いですが、年齢とともに
ダメージは蓄積されていくものです。


3歳以上の犬の80パーセントが歯周病
を持っている
というデータもあります。


また、ドライフードだけを与えられて
いるよりもウエットフードやおやつを
与えられている場合には口の中のトラブル
は増加します。


スポンサードリンク


犬の歯磨きはいつから?


犬の歯磨きをいつから始めるのかと
いうのは早ければ早いほど良い
しょう。


子犬のころから歯磨きに慣れさせて
いると成長していっても、歯磨きを
嫌がらずに続けさせてくれます。


ただし、歯磨きしたことないのにいきなり
強引に無理やり歯磨きしてはダメです。


歯磨きが嫌いになってしまうと、歯磨き
を続けることは難しくなります。


まずは口の中を触らせてもらえるよう
に慣らしていきましょう。


成長してしまってから今までして
なかったけどという場合も歯磨きを
始めみましょう。


無理をせずゆっくり慣らしていく
ようにします。


WS001208


犬の歯磨きの頻度は?


犬の歯磨きの頻度は重要です。理想
をいえば毎食後に歯磨きをするのが
いいのです。


食べ物が歯に溜まって歯垢となり、
2~3日で歯石になります。


この歯石になってしまうと歯磨き
では取れず、動物病院で全身麻酔を
してから、削り取るしかなくなって
しまうのです。


犬は歯垢が歯石に変わるのがヒトより
もかなりスピードが速いため、歯磨き
の頻度は重要なんです。
(ヒトは20日くらい)


歯垢が歯についていたら歯石に変わる
前に歯磨きしていきます。


WS001209


歯垢の付きやすさはフードによっても
変わります。ドライフードなら付き
にくい、ウエットフードはつきやすい
です。(個体差はあります)


ドライフードを与えている場合は歯磨き
の頻度は週に3回以上はしたいですね。


ウエットフードを与えている場合の
頻度は1日1回はしてあげるように
しましょう。