犬の歯磨きガムって便利ですよね。
与えるだけで歯磨きの効果があると
されています。

しかし、本当に効果はあるので
しょうか。安全性についてはどう
なのでしょうか。

スポンサードリンク


犬の歯磨きガムの効果は


犬の歯磨きガムの前にヒト用の
キシリトールガムは絶対に与えては
ダメ
です。

キシリトール中毒によって死亡する
事故が多発しています。

犬用の歯磨きガムの効果としては、
歯の汚れを取りやすい形状をして
おり、噛んでいるうちに歯の汚れが
取れる効果をもっています。

与えるのと与えないのでは歯の汚れ
は確実に違います。

ただし、犬の場合では歯垢が歯石へと
変化するのに3~4日とかなり早い
ため、最低でも2日に1回は与える
必要があります。


(歯磨きをしていないとき)

そして歯磨きガムの与え方にも気を
配る必要があります。犬の歯垢は
奥歯に溜まりやすいので、奥歯で
噛むようにしてあげるのが大事です。

歯磨きガムを与えっぱなしという
のではなく、手で持って全体の歯で
噛むようにするとさらに効果的なん
です。

もう一つ気になるのは歯磨きガムを
与えていれば、歯磨きしなくていい
のかという点です。

歯磨きガムだけで歯磨きしない?


歯磨きガムでは歯の表面は綺麗に
なるんですが、歯と歯茎の間の歯周
ポケットの汚れは取れません。


ここの汚れが歯肉炎などの歯周病の
原因となってしまうので、やはり
歯ブラシをしてあげる方が効果は
高い
のです。

もし歯ブラシによる歯磨きが出来る
のであれば歯磨きガムは必要あり
ません。

どうしても歯ブラシでは出来ない
場合や歯ブラシを使えない日に歯磨き
ガムを与えるなど補助的に利用する方
が良いでしょう。

WS000772

歯磨きガムは安全?


歯磨きガムは安全なのかというと死亡
事故が発生しているので、確実に安全
ではありません。


歯磨きガムの商品には飲み込むことで
何かぎ起こる可能性がある、目を
離したところでは与えないように
という注意があります。

つまり、確実には安全ではありません。
歯磨きガムを上手く噛める犬、下手で
飲み込んでしまう犬などそれぞれです。

実際に歯磨きガムを喉に詰まらせて
窒息しそうになった、胃を切開する
手術になったというのは少なくない
のです。

WS000710

ウチの子は歯磨きガム与えてるけど
大丈夫だよ!ということを聞いても
自分の家の犬が大丈夫かどうかは
分かりません。

犬の口の大きさによって、与える
ガムの大きさを変えましょう。

そしてボロボロになって飲み込める
ようになったら取り上げたほうが
いいかもしれません。

とにかく歯磨きガムは目が届いて
いる時に与える
ようにしておいた方が
安全です。