犬の歯磨きをしたいけど嫌がるから
出来ないということは多くあります。

犬が歯磨きを嫌がるときにどんな
やり方をすればよいのでしょうか。

スポンサードリンク


犬の歯磨き方法


犬の歯磨きを始めるときには、
いきなり歯ブラシを口にってことを
していませんか?


これはもちろん嫌がるため、暴れたり
逃げたりして出来ません。


口の周りは敏感なので触られるだけ
でも嫌がる犬もいます。見たことも
ない歯ブラシをいきなり口にという
のも恐怖です。


犬の歯磨きを始める方法を参考に
してみてください↓↓
犬の歯磨き方法!しつけるには


スポンサードリンク


犬が歯磨きを嫌がるとき


犬が歯磨きを嫌がるのはいくつか理由
があります。


・口周りを触られるのが嫌い
・歯ブラシが怖い


この辺りの理由であれば、口周りや
口の中を触ることに慣れる必要が
あります。


WS000712


・歯磨きが痛い


この理由は歯ブラシの硬さに問題が
あるかもしれません。子供用の柔ら
かい歯ブラシを使ってみましょう。


また、>歯を磨く強さはなるべく優しく
です。力を入れて磨いても歯ブラシの
毛先が広がり逆効果で、磨けないため
です。


理想は歯ブラシの毛先が歯に対して垂直
になったままで磨けることです。


歯ブラシが歯に当たりさえしていれば
弱々しいブラッシングで十分です。


WS000709


歯磨きが痛くて嫌がる原因のひとつに、
歯の生え変わり時期ということもあり
ます。


生え変わり時期は歯茎が柔らかく、
傷つきやすいため、グラグラして
いたり、歯が抜けている場所には
歯磨きしないようにします。


また、歯磨きを嫌がる原因に虫歯や
歯周病があるかもしれません。


何をしても嫌がるときには一度病院
で診てもらっておくと安心です。


・保定が苦しい


歯磨きするときに暴れるからといって
力いっぱい押さえつけていませんか?
苦しすぎるとかえって嫌がります。


一度、保定の強さを確認してみましょう。


WS000708


・飼い主の言うことを聞かない、ジッとしていられない


こういう理由ならしつけが出来て
いません。


どんな状況であっても、おすわり、
待ては出来ますか?出来ないので
あれば基本のしつけからやり直しが
必要です。


身体を抑えて動けなくすることを
嫌がりませんか?歯磨きをする場合は
ある程度は動かないように抑える必要
があります。


顔を持って動けなくすることを少しずつ
長くしていき、慣らしていきます。
出来た時にはしっかりと褒めるように
しましょう。


WS000853


犬が歯磨きを嫌がる理由を確認して
みたら、歯磨き方法を最初から始める
必要
があります。


歯磨きすると良いことがあるというのを
改めて覚えさせるのです。


大変ですが、一度嫌がるようになったら
始めよりも根気強く慣れさせていきます。


歯磨きの始め方については↓↓
犬の歯磨きの方法>>


犬が歯磨きをどうしても嫌がるとき


歯磨きを始めに戻ってしつけ直して
みて、それでも嫌がる犬はいます。


こんな場合には歯磨きのやり方を
考える必要があります。


・歯磨きジェル


歯ブラシを使うことが出来ないとき
にはガーゼと歯磨きジェルを使い
ます。


ガーゼは指に巻いて歯と歯茎を
マッサージしてあげます。


・歯磨きガム


歯磨きガムも嫌がる犬に効果的なもの
です。おやつ感覚で歯磨きガム大好きな
犬もいます。


ただし、歯磨きガムを与えて噛まずに
ゴックンしていては効果はありません。


出来れば全ての歯で歯磨きガムを噛む
ことが理想です。飼い主さんが歯磨き
ガムを持って与えてなるべく噛ませて
あげます。


とくに奥歯に歯石は溜まりやすいので、
奥歯で噛ませるようにします。


WS000668


歯ブラシでなければ歯と歯の間や、
歯と歯茎の間の歯周ポケットは
磨けないため歯ブラシが一番です。


しかし、嫌がる場合にはこういった
もので対応するしかありません。


歯磨きガムやジェルを使っていても
歯石が溜まるときには病院に相談して
みましょう。