犬が鼻づまりで苦しそうになっていたら、
なんでこんな症状が出ているのか気に
なりませんか?

犬の鼻づまりの原因についてまとめて
みました。

スポンサードリンク


犬の鼻づまりの原因


犬が鼻づまりの症状を出すのは正常
ではありません。口で呼吸しないときは
鼻呼吸しているので、何かが起こって
いるのは間違いありません。


1.アレルギー


ヒトでおなじみのアレルギーによる
鼻づまりは犬でもあります。ここ
数年でアレルギーによる鼻づまりの
症状はかなり増えてきています。


アレルギー反応を引き起こすアレル
ゲンは犬によって違います。


花粉、食べ物、ハウスダストなど原因
を特定するためには、いつ鼻づまりの
症状がひどくなるのか記録していく
しかありません。


(春だけ鼻づまり、散歩から帰ったら
鼻づまり、何か食べたら鼻づまりなど)


アレルゲンに過剰に反応することで、
身体がそれを身体の外に出そうと
頑張り、鼻の粘膜が炎症
を起こして
鼻づまりになります。


スポンサードリンク


2.異物


鼻の中に異物が入り込むことで、
鼻の粘膜が炎症して腫れる
と鼻
づまりを引き起こします。


異物なんて入るタイミングない
だろうと思っていても、なぜこんな
異物が鼻の中に?と思うようなこと
は犬ではあります。


ティッシュのクズ、何かの破片、
折れた木のクズなどで。この場合は
くしゃみを連発したり、鼻をしきり
に気にしたりします。


WS001204


3.腫瘍


鼻の周囲に腫瘍が出来ると鼻の穴を
ふさいでくる
ため、鼻づまりが起こり
ます。


外側からは見えにくく、気付いた時
には進行していることも。


この鼻の腫瘍になりやすいとされている
のは長頭種の犬です。鼻づまりの他に
いつも鼻水が出る、鼻血が出るという
症状があります。


片方の鼻だけ症状が出ているなら
注意です。


WS000849


4.副鼻腔炎


鼻の構造の副鼻腔という場所に炎症
起こった状態です。


ウイルスや細菌などの感染で鼻の粘膜
の炎症が奥へと進行してしまうこと
副鼻腔炎の原因です。


いつも鼻づまりがあったり、鼻水が
ズビズビいっていたりします。なか
なか治りにくく、抗生剤、抗炎症剤
で治療します。


あまりにも症状がひどいときには
鼻の周りの骨まで溶かすことも。


WS000709


5.歯周病


上側の歯の歯周病が鼻づまりの原因
になることがあります。


歯周病が進行しすぎて、上顎から鼻の
中へと炎症が及んでいく
ことがあり
ます。


虫歯だらけ、歯茎が赤い、口の中が
臭いなんて症状がないか確認して
みましょう。


WS000672


6.ポリープ


犬では少ないですが、鼻の粘膜に
ポリープが出来ることがあります。


炎症が続いて粘膜が肥厚していき、
これが鼻の中を狭くするので鼻づまり
の原因となります。


7.感染症


ウイルス、細菌、カビによる感染症で
鼻づまりの原因になることがあります。


鼻が完全につまってしまい、苦しそう
になることもあります。


症状は鼻づまりだけではなく、吐く、
元気が無い、食欲が無いなどあれば、
なるべく早く病院へ。


WS000570


8.年齢


年齢を重ねた老犬では鼻がつまり
やすくなります。


鼻を常に湿らせておく、分泌腺が
上手く機能できないため、乾燥し
たり、炎症を起こして鼻の穴が
狭くなる
のが原因です。


老犬の鼻づまりを起こしているとき
には鼻がかなりカサカサと乾燥して
いることが多いです。


加湿器など湿度に気を配ってあげて
ください。


WS000564


どうでしたか。犬の鼻づまりの原因に
ついてまとめてみました。犬は鼻が
つまっていれば口で呼吸しまが、
やはり苦しそうにするのはかわいそう
です。


呼吸器に強い病院があればそこに行く
ようにしてみましょう。