犬の鼻血ってヒトと比べて少ないと
されています。興奮するだけで犬は
鼻血を出すことがあるのでしょうか。

片方の鼻からだけ鼻血が出ているのは
腫瘍が原因って本当なのでしょうか。

犬の鼻血の原因についてまとめて
みました。

スポンサードリンク


犬の片方の鼻から鼻血の原因


片方からだけ鼻血が出ている場合は
気をつけなければいけない症状です。


・ぶつけた


犬が鼻をどこかにぶつけた場合には
片方の鼻から鼻血が出ることがあり
ます。


鼻の中の粘膜を傷つけてしまっている
ためです。鼻血が出るほどぶつけた
場合は結構多めの鼻血が出ます。


安静にしておくと、鼻血は止まり
ます。


スポンサードリンク


・腫瘍


鼻の中の腫瘍が原因で片方の鼻から
鼻血が出ることがあります。


鼻の中の腫瘍は鼻が長い種類の犬に
多いとされています。原因は不明
です。


鼻の中に腫瘍が出来ると鼻水も片方
から
出てきます。鼻水は透明~黄色
であることが多く、鼻血は止まらずに
少しずつ長い間出てきます。


腫瘍が大きくなってくると眼が飛び
出してきたり、顔が歪んできます。


診断はレントゲン、CT、MRIです。


WS000852


・歯周病


歯周病が進行しすぎて鼻にまでいくと
片方の鼻から鼻血がでることがあり
ます。


この場合は黄色~緑色の鼻水も出る
ことが多いです。また、口の中は汚い
です。


犬の両方の鼻から鼻血の原因


両方の鼻から鼻血が出る場合は鼻血
以外に症状があるのかどうかが大事
です。


・くしゃみ、鼻水もある


鼻血だけでなく、くしゃみ、鼻水も
出しているならウイルス、細菌、
カビによる感染が原因かも
しれません。


この時の鼻水は最初は透明、しばら
くすると黄色、緑色になります。


また、いつまで経っても透明な鼻水
を出しているなら、アレルギーが
原因の可能性が。


感染でもアレルギーでも鼻の粘膜に
炎症が起こり、血管が破れやすく
なっているため、鼻血が出ることが
あります。


炎症が続くと副鼻腔炎、蓄膿症へと
進行してしまうこともあるので注意
が必要です。


WS000770


・血液、遺伝の病気


血液を凝固させるメカニズムが上手く
働かなくなってしまう病気があります。


この病気になるとちょっとした出血も
なかなか止まらなくてなってしまう
のです。


血小板減少症
血を止めるための成分である、血小板
の数が減ってしまう病気です。原因は
感染症、腫瘍、骨髄の異常など様々です。


血友病
血小板の数は正常ですが、血小板の
機能が働かない病気です。遺伝に
よるとされています。


フォンヴィルブランド病
これも血小板の数は正常で、血小板
機能が働かない病気です。遺伝に
よります。


血液の病気になると鼻血だけでなく、
血尿、血便なども出やすくなり、
歯茎も赤くなって血が止まらない
状態に。


WS000771


・栄養不足


栄養不足が犬の鼻血の原因になること
があります。


ビタミンCやAは鼻の粘膜を正常に保つ
ために必要です。また、ビタミンKが
不足すると
血液の凝固のメカニズムが
上手く働かなくにってしまうため、
鼻血が出ると止まらない状態に。


こういった栄養はストレスによって
壊れるのでストレスのある状況か
どうかも大事です。


・中毒


ワルファリンという物質を食べて
しまうと血小板の機能が阻害され、
鼻血がなかなか止まらなくなります。


ワルファリンはネズミを殺す薬や
ネズミ避けの薬剤に含まれている
ことが多いです。


庭に置かれたネズミ避けの薬を飲み
込むことが原因です。


WS000772


・薬の副作用


薬の副作用が原因で犬の鼻血が出る
ことがあります。非ステロイド系
抗炎症薬(NSAIDs)と呼ばれる薬の
副作用
に血小板の機能を抑制すると
いうものがあります。


アスピリン、インドメタシンなどが
これにあたります。


長く使っている場合には注意が必要
です。この場合もなかなか鼻血が
止まりません。


・興奮


興奮することで鼻血が出るというのは
ヒトではよく言われています。


犬が興奮した時に鼻血が出るという
のは根拠はあまりないみたいです。


ただ、興奮した時に鼻血が出たという
飼い主さんは多くいます。


興奮することで、鼻の粘膜の血管が
拡張するために鼻血が出やすい状態
なっているのは確かです。


鼻血が出た原因が興奮したからと
決めつけるのは危険です。粘膜が
弱り鼻血が出やすい状態になって
いたり、他に原因がある可能性が
あるからです。


興奮して鼻血が出ても、大量に
出たり、繰り返すのであれば一度
病院で診てもらうと良いでしょう。