犬と人が初対面のときにはどうやって
挨拶をすればいいのでしょうか。

嫌われない挨拶の仕方、触り方は?
調べてまとめてみました。

スポンサードリンク


犬と人の挨拶


犬の挨拶と言えば匂いをクンクン、
フンフンと嗅ぎ回ることです。


犬は匂いで相手の情報を集めている
ことが分かっています。相手が犬で
あれば、性別、年齢、発情期かどうか
など、自分の敵かどうか調べるために
匂いを嗅ぎます。


人と犬の挨拶ではなるべく犬に匂いを
嗅いでもらうのがいいようです。犬の
気が済むまで情報収集させてあげるの
です。


それでは、どうやって犬に挨拶すれば
いいか紹介します。


スポンサードリンク


1.してはいけないこと


人が初対面の犬にしてはいけないこと、
注意することがあります。


・いきなり触らない(とくに頭)
犬にとっていきなり頭を触る行動は、
覆い被さるようになるため、恐怖と
なってしまいます。


・緊張しない
犬は人の感情に敏感に反応します。
緊張している状態で近づくと何を
されるんだろうと犬も緊張してしまい
ます。


・勝手に触らない
飼い主さんに触ってもいいですか?
ときちんと聞きましょう。噛んだり
する犬かもしれないですし、マナー
です。


WS000564


それと繋がれて飼い主さんが近くに
いない犬はすごい緊張して、怒りやすい
状態なので触らないように。


2.犬に近づくとき


犬に近づくときは真っ直ぐには行き
ません。少しカーブするように近づく
といいんです。


カーブして近づくことは犬の世界で
戦いませんというサインだからです。


WS000277


3.視線を低くする


犬に近づいたらしゃがんで、犬の目の
高さになるべくあわせるようにします。


これは大型犬でも、小型犬でも同じです。
上から見下ろされるのは怖いものなんです。


WS000276


4.手を嗅がせる


しゃがんだら、手を軽くグーにして、
手の甲を上にして、そっと犬の前に
出します。


急に動くとびっくりしてしまうので
ゆっくり下から手を出しましょう。


そして、犬から匂いを嗅いでくるの
を待ちます。


WS000700


5.撫でる


手の甲をクンクンと嗅いでもらって、
友好的ならなでなでしましょう。
まずは顎の下を触ります。


触らせてもらえるなら肩や胸の辺り
など、触ってみます。鼻や尻尾など
基本的に嫌がる場所は触らないように。


撫でるときに見る犬のサインがあります。
・耳が垂れていない
・耳が立って前を向いている
・尻尾を立てている(振っている)
・へっぴり腰になっていない


こんなときは犬の緊張は少ない判断
できるので、ゆっくりと触ってみま
しょう。


WS000565


きちんと犬との初対面の挨拶の仕方が
出来ているなら、犬は友好的に触らせて
くれるようになります!


とくにリラックスして接することは
犬に緊張を与えないので重要ですよ。