犬のフケは人間のものと同じで、古い
皮膚が剥がれ落ちることによって生じ
ます。

そのため少量のフケの場合はあまり深刻
にならなくても大丈夫です。

しかし犬のフケが大量に出るようで
あれば何か病気のサインかもしれま
せんので、見逃してはいけません。

今回は病気以外で多い犬のフケの原因
を5つご紹介します。

スポンサードリンク


乾燥


1つ目の原因は皮膚の乾燥です。特に
乾燥しがちな秋や冬に犬も皮膚が乾燥
してしまい、フケが出るようになり
ます。


もし愛犬がやけに体を痒がっていたら
フケが大量発生していないか注意して
みてください。


犬は力の加減が出来ずにかきむしる
ことが多く、皮膚を傷つけてしまう
可能性があります。


犬のフケが乾燥によるものであれば、
加湿器を置くなどして予防して
あげてください。


スポンサードリンク


カビ


2つ目の原因はカビの発生です。犬を
シャンプーした後や、水の中で遊ば
せた後、濡れたままで放置していま
せんか?


自然乾燥させれば大丈夫と思いがち
ですが、毛を濡れたままにしておくと
カビが大量発生してしまいフケに
なってしまいます。


夏場でも犬の体が濡れた時はドライヤー
ですぐに乾かしてあげるようにしましょう。


ストレス


3つ目の原因はストレスです。犬は
環境の変化が大の苦手です。


敏感な子の場合は動物病院で診察を
受けただけでも多大なストレスを
感じてしまいます。


ストレスが強くかかったり、継続して
いると、血行が悪くなります。


皮膚へ血行が悪くなるので栄養分が
減ったり、水分が減ることでフケが
増えてしまいます。


しかし人間とともに生活をしている
のであれば、ストレスになることを
回避することは出来ないので、多少
なりともストレスの原因に対応させ
なければなりません。


犬がストレスを感じているなと思ったら、
出来るだけ犬とコミュニケーションを
取ってリラックスさせてあげてくだ
さい。


お散歩に出て気分転換も良いでしょう。


シャンプー


4つ目の原因はシャンプーのしすぎ
です。


シャンプーの頻度が高いと必要な油分
までも洗い流してしまうので、フケが
大量発生してしまいます。


夏場なら月に2回、冬場なら月に1回
くらいのペースでシャンプーをする
ようにしましょう。


またゴシゴシ洗いすぎないようにしま
しょう。


さらにシャンプーの洗い残しは皮膚に
刺激となってしまうためもフケの原因
になるので要注意です。


フード


5つ目の原因はフードが合わないと
いうことです。


フードの中ではたんぱく質が少ない
ものであったり、人間が食べること
が出来ないような、品質の悪い材料を
使っていたり、添加物を沢山使用して
いたりするものが中には存在します。


このようなフードを食べ続けることに
よって健康被害を引き起こし、フケが
大量発生することがあります。


良質の素材を使った、添加物の少ない
ドッグフードに切り替えてみるだけで、
かなり症状が抑えられますので、愛犬
の様子を見ながら試してみてください。


おすすめしたいドッグフードは↓↓
犬のことを考えたドッグフードにしたい