犬にかわいい服を着せるのって楽しい
ですよね。嫌がるときにまで服って必要
なんでしょうか?

いらないとも言われたりしていますが、
着せる意味はあるのでしょうか。

スポンサードリンク


犬に服って必要か?いらないか?


犬に服を着せるのは賛否両論あります。
必要だ!いらないだろ!というのは
よく言われています。


犬に服が必要な意味もちろんあります。
また、いらないだろうなあという服の
場合もあります。


犬に服が必要なとき


犬に服が必要なときの1番は寒さ対策
です。犬ってけっこう寒がりなことが
多いんです。


ブルブルと震えているくらいなら服を
着させて、防寒すべきです。寒さは
かなりのストレスになってしまいます。
(服以外の防寒はしてからの場合です)


とくに子犬、小型犬、老犬は体温調節が
苦手
なので、嫌がらないのであれば積極的
に着せてもいいでしょう。


犬種が寒さに強い場合にも寒がりな
ことも最近では少なくありません。


犬の状態をしっかり観察して寒がって
いるようなら服を着せる意味はあります。


スポンサードリンク


その他にはケガなどをしているときに、
なめるのを防ぐために服を着せる必要
があるときもあります。


また、皮膚が弱い犬を散歩に連れて
行くと、紫外線のダメージで荒れて
しまったりすることもあります。


この場合には服を着せて皮膚を保護
するときには必要となってくるで
しょう。


他にも防虫用の服なんかも売られて
いるようです。効果はどれくらい
なのか試したことがないので分かり
ませんが・・・。


まだあります。公共の場に連れて行く
時に抜け毛が少しでも軽減されるよう
にと着せている飼い主さんもいます。


かわいいからというだけで犬に着せる
のはいらないとは思いますが、意味が
あって服を着せていることも多いです。


WS001208


もし、服を着せる場合には嫌がったり
ストレスを感じているようなら、脱が
さないとダメです。


もともとは服なんて着る動物ではあり
ません。どうしても着させる必要を
感じているなら、服を着るということ
に慣れる必要があります。


・服を着るとおやつをもらえる
・服を着ると喜んでくれる
・服を着ると飼いほめてくれる
・服を着ると散歩に連れて行ってもらえる
・服を着ると遊んでもらえる


こういったことを繰り返して、服を
着ることが嫌なことではないと覚え
させていきます。


犬に服を着せることで起こるデメリット


犬に服を着せることで起こるデメリット
もあります。必要ではないときに服を
着せるべきではないこともあるんです。


服を着せることで犬が体温調節する力が
減ってしまい、逆に免疫機能が低下して
しまうこともあります。


かわいいからという理由だけで着せて
しまうのはやめるように
しましょう。