犬ってじゃがいもを与えても大丈夫なん
でしょうか?生のままや皮が付いたまま
でも大丈夫なんでしょうか。

人間と同じように芽は取り除いたほうが
いいのでしょうか。

スポンサードリンク


犬はじゃがいもを食べられる?


人間は当たり前のように食べられる
食材でも、犬にとっては毒となって
しまうものもあります。


ではじゃがいもはどうでしょうか?


じゃがいもに含まれる炭水化物や
でんぷんは、犬にとっては消化しやすい
とはいえない成分です。


しかし、多くのメーカーが穀物不使用
のドッグフードを販売しており、その
大半にじゃがいもが使われているの
です。


一部のメーカーでは穀物だけでなく、
じゃがいもなどのいも類も一切含ま
ないドッグフードを販売していますが、
それは本当にごく一部です。


このことからもわかる通り、犬が
じゃがいもを食べても問題はあり
ません。


ただ、じゃがいもなどの穀類が身体に
合わないという犬も少ないですが
います。


そんなときには穀物が使われている
量が少ない物や穀類フリーのフード
を選ぶ必要があります。


スポンサードリンク


じゃがいものメリット


じゃがいもを食べることによるメリ
ットは何でしょうか?


一つは便のかさ増しです。じゃがいも
を食べることによって便の量が増え、
便通がよくなります。


太り気味の犬にとってはダイエット
効果にもなります。


また、じゃがいもに含まれる炭水化物
は糖となり、エネルギーの源となり
ます。


活発に活動する犬のエネルギー補給
には最適な食材なのです。


じゃがいもには炭水化物だけでなく
ビタミンCやカリウムも豊富に含まれて
います。


特に老犬には、余計な塩分を排泄する
作用のあるカリウムは健康維持に欠かせ
ない栄養素です。


WS001204


犬にじゃがいもを食べさせる際の注意事項


犬がじゃがいもを食べることは問題
ありませんが、いくつか注意もあり
ます。


まず、芽や皮は必ず取り除いてから
食べさせましょう。


じゃがいもの芽や緑色に変色した皮
にはソラニンという猛毒
が含まれて
います。


ソラニンは人間にとっても毒となる
ので、人間の食事に使うときにも芽
や皮は取り除くでしょう。


また、変色していない皮は毒にはならず、
栄養も豊富に含まれていますが、犬に
とっては消化しにくい部位なので、
やはりしっかり取り除いであげましょう。


WS001208


また、生のじゃがいもは火を通した
もの以上に消化しにくいので、生で
あげることは避けて、必ず蒸したり
ゆでたりしてから与えましょう。


生の状態のまま冷凍するとカスカス
になって調理しにくくなるため、一度
火を通してから冷凍保存するのがいい
でしょう。


調理方法は潰してマッシュポテトに
したり、あられ状にしたり、短冊状に
切ったり、ポテトチップスのように
薄く焼き上げるといった方法があり
ます。


ただし、犬によってはマッシュポテト
にすると丸飲みしてしまったり、短冊状
のものをかみ切ることができなかったり
とうまく食べられないこともあるため、
犬に合わせて調理方法を工夫してあげる
必要があるでしょう。