犬が腎不全になってしまう原因って
知っていますか?

これを予防するためにはどうすれば
いいのでしょうか。

スポンサードリンク


犬の腎不全ってどんな病気


腎不全をはじめとする腎臓病は、犬の
死亡原因の第3位というデータもある
病気です。


腎臓には、老廃物を濾過して尿として
排泄する働きがあります。


また、血圧の調節やカルシウムの生産
リンの代謝などの役割もあります。


この腎臓の機能の75%以上が失われた
状態を腎不全と呼びます。


犬の腎不全は、血液から老廃物を
フィルタリングすることができなく
なるため血液中の毒素が蓄積されて
いき、尿毒症の症状が現れるように
なります。


犬の腎不全には突然に発症する「急性
腎不全」と、時間がたつにつれて徐々
に進行していく「慢性腎不全」の2種類
があります。


スポンサードリンク


急性腎不全の原因は


急性腎不全を発症する原因は、不凍液
中毒やレーズン、ブドウ中毒、抗生物質
や化学療法薬などによる中毒によるもの
が一般的です。


また、細菌への感染や脱水、うっ血性
心不全
なども急性腎不全を発症させる
可能性があります。


慢性腎不全の原因は


一方、慢性腎不全の原因には、食事と
そのほかの疾患によるものの2通りが
あります。


食事が原因の慢性腎不全は、


腎臓の機能が低下している状態で
過剰量のリンを摂取したり、カル
シウムが不足することによって形成
される腎結石によるものがあります。


そして、腎組織の退化を引き起こし、
徐々に腎臓機能の低下が進行すること
で腎不全へと至ります。


また、糖尿病やがん、先天性の疾患や
遺伝性の疾患、自己免疫疾患
などの疾患
の結果として腎不全を発症することも
あります。


WS000714


犬の腎不全の予防法


腎不全は、初期のうちはほとんど症状
が現れず、病気の発見が難しいうえに、
症状が現れた時にはすでにだいぶ進行
してしまっている状態であることが
多いのです。


そのため治療が難しくなってしまう
非常に厄介な病気です。


早期発見のためにも、定期的に動物
病院で検査を受けさせるようにしま
しょう。


そして早期発見以上に大切なのが予防
です。腎不全の原因の多くは普段の食事
にあります。


そのため、まずは食事に十分に気を使って
あげましょう。一番大切なのは、十分な
水分
です。


WS000704


身体が水分不足になってしまうと、
体内の老廃物を尿として排出する
ことができなくなってしまいます。


すると体内に老廃物が溜まり、腎臓
に負担をかけて腎不全の原因を作り
出してしまいます。


また、じゃがいもなどの穀物は犬に
とっては老廃物となります。


犬は穀物を消化吸収する酵素を持た
ないため、消化されずに体内に入って
きた穀物はそのまま老廃物として蓄積
されていきます。


これを予防するため、穀物はなるべく
与えないようにする方が良いとされて
います。


ナチュラルなドッグフードを選ぶように
してあげましょう。