犬が腎不全になったときには食事
療法が必要になってきます。

いったいどんな食事にすればいいの
でしょうか。

スポンサードリンク


犬の腎不全は早期発見の難しい病気
です。


初期症状のうちはほとんど症状が
なく、症状が現れたころにはすでに
末期にまで進行してしまっている
ことが多く、回復が難しくなって
しまいます。


そのため、定期的に動物病院で検査
を受けてできる限り早期のうちに
腎臓の異常を発見することが大切
なのです。


そして、早期発見と同じぐらい腎不全
の予防に大切なのが普段の食生活
です。


慢性腎不全の原因の多くは食事です。
普段から腎臓に負担のかかる食事を
与えていることによって起こります。


徐々に腎臓の機能が損なわれていき、
やがて腎機能の75%以上が失われた
とき、腎不全となるのです。


また、食事療法による腎不全の治療
は、腎不全の初期段階のうちから
始めるのが最も効果的だと言われて
います。


スポンサードリンク


腎不全の食事療法のポイント


犬の腎不全の食事療法では、次の点に
注意する必要があります。


・リンの量を調節する


腎臓病を進行させる原因の一つに、
「リン」という栄養素があります。


リンは骨や歯を形成するために必要
となる栄養素ですが、腎機能が低下
している状態では余分なリンを排出
することができません。


そして体内にリンが蓄積されていき
ます。


リンが体内に過剰にたまると慢性
腎臓病を悪化させる原因となるため、
腎機能の低下がみられるときには
リンの量を制限した食事を与える
必要があります。


WS000059


・たんぱく質の量を調整する


腎不全になると、老廃物の排泄が
スムーズに行われなくなり、体内に
老廃物が溜まりやすくなります。


たんぱく質は分解されると老廃物を
生じるため、腎不全になったら
たんぱく質の摂取は控える必要があり
ます。


ただし、たんぱく質は身体を作るうえ
で欠かせない栄養素なので、初期の
腎臓病のうちはたんぱく質を制限する
必要はありません。


WS001267


・十分な水分を与える


水分量が減ると老廃物を尿として排泄
することができなくなってしまいます。


体内に老廃物を蓄積させないためにも、
こまめに水分を与えるようにしましょう。


・食事は3~4回に分けて与える


腎不全のために犬が食欲をなくして
いる時には、消化吸収を高めるために
食事を3~4回に分けて与えるように
しましょう。


その際、38~39℃程度に温めてから
与えてあげれば、食欲を高めることが
期待できます。


WS000770


7歳を過ぎたら食事には気を使いましょう


腎不全のリスクは年齢とともに高まり
ます。


そのため、定期検査で腎臓病の症状が
認められなくても、7歳を過ぎたころ
からリンや塩分の量を控えた食事内容
に切り替えることをおすすめします。