犬の血液検査をしたときにASTが
高いときにはどんな事が考えられる
のでしょうか!?

調べてまとめてみました。

スポンサードリンク


AST(GOT)とは


ASTとはアスパラギン酸アミノ
トランスフェラーゼと言い、体内では
アミノ酸の代謝の役割
を持っています。


ASTは肝臓、筋肉(心筋、骨格筋)、
赤血球に多く含まれています。


正常値は20~50U/lです。正常値
よりも低いときは意味はありません。


正常値よりも高い数値の場合には
なんらかの異常を示しています。


数値が高いときにはどんなことが考え
られるのでしょうか。


スポンサードリンク


犬の血液検査でASTが高いとき


犬の血液検査でASTに増加が見られた
ときに考えられることは、ASTを多く
含む組織が壊れたときです。


・肝細胞がダメージ(壊死)している
・筋肉が壊れている(筋炎など)
・赤血球が壊れている(溶血)


それぞれ詳しく見ていきましょう。


WS000121


肝細胞のダメージ


肝細胞にダメージを与える病気などが
起こるとASTは高い数値となります。


このときにはASTだけではなく同時に
ALTも増加します。
ASTとALTが同時に
正常値よりも増加していれば、肝臓に
異常があると考えます。


ASTがALTよりも高い
肝硬変
肝臓ガン
急性肝炎


急性肝炎のときにはAST、ALT
両方ともかなり高い数値となります。


WS000109


ALTがASTよりも高い
慢性肝炎
肝炎の回復期
脂肪肝


こちらの場合にはそれほど高い数値に
ならないことが多いです。


犬の血液検査でALTが高い時>>


筋肉が壊れている


筋肉が壊れた場合にはASTが高く
なります。(ALTは増えない)


激しい運動
筋断裂
強い打撲
心筋梗塞


こんなときに筋肉が壊れてASTが
漏れ出るため、血液検査で高い数値
となります。


WS000110


赤血球が壊れている


赤血球が壊れることを溶血といいます
が、このときにはASTが増えます。


激しい運動
タマネギ中毒
免疫介在性貧血


などにより溶血します。


WS000079


赤血球についての詳細はこちらの
記事へ↓↓
赤血球数が少ない時には>>