犬の耳掃除の方法と頻度についてですが、
方法は共通ですが、適切な頻度については
犬種によってそれぞれ異なります。

そこで今回は、はじめに耳掃除の適切な
方法を準備するものを詳しく解説し、
次にどのくらいの頻度ですべきかの簡単
な見分け方についてご紹介しましょう。

スポンサードリンク


犬の耳掃除の準備


犬の耳掃除の方法について、まず準備
するものは「イヤークリーナー」と
「ガーゼ」です。


嫌がったり、耳掃除になれていない
犬に行う場合は、「ご褒美」を準備
しておくと良いでしょう。


また、イヤークリーナーは揮発性
の高いものを選びましょう。


スポンサードリンク


犬の耳掃除の方法


そしてガーゼにイヤークリーナーを
付け、犬の耳を横に開くように持ち
ます。


そしてガーゼを指に巻いて優しく耳
の肌にこすりつけるようにして、
内部を綺麗にしていきます。


この時、あまり擦りつけたり、強く
押したりすると、耳の中の肌が
傷つきます。


傷ついてしまうと、せっかく綺麗
にした耳に炎症が起こり、膿が
溜まるなど逆効果になってしまう
こともあります。


とにかく、優しく行うように注意しま
しょう。


WS001267


指が届かない範囲にきて、耳の奥
に入らなくなったら、耳の付け根
のあたりを優しくもみほぐします。


この場合、耳をほぐし終わると犬が
首を振ってイヤークリーナーを外に
出します。


この時汚れも一緒に飛び散るので、
耳の周りについたその汚れを拭き
とったら終わりです。


WS001208


綿棒を使った方法もありますが、初め
に使うのはやめましょう!


綿棒を耳に指し込む」というのは
実はとても危険なこと
です。


例えばその恰好のまま犬が暴れ出し
たり、動いて床に耳を擦りつける
ようなことがあると、耳の奥に綿棒
が入りこんでしまうなどのトラブル
につながります。


綿棒を使うときは慣れている場合や、
かなりおとなしい犬に耳掃除する
ときだけにしておきましょう。


犬の耳掃除の頻度は


次に、適切な耳掃除の頻度ですが、
犬種によって異なります。


耳が垂れている犬ほど耳掃除の
頻度を多くしないとダメです。


耳が垂れている犬の場合は、耳を
めくりあげてみましょう。


すると、耳にゴミがついているのが
見えるでしょう。


汚れが付着していたら、耳掃除をして
あげる
ようにしますが、耳が垂れている
犬は、特に汚れが溜まりやすいので
観察してあげるようにしましょう。


毎日毎日、耳掃除をすると炎症が起き
やすくなるので注意が必要です。


多くても1週間に1回までにしておき
ましょう。