犬でも寝言を言うことがあります。
この寝言の原因とは何なのでしょうか。

放っておいた方がいいのか、起こす方
がいいのかどちらなんでしょうか。

スポンサードリンク


犬が寝言を言う原因


犬が寝言を言いながら眠っている時
は、できるだけ物音を立てないよう
にし、そっと寝かしておいてあげま
しょう。


もし寝言を言っている最中に起こすと、
強制的に起こされた不快な目覚めと
なってしまい、犬にとって大きな
ストレスとなってしまう場合があり
ます。


スポンサードリンク


そもそも犬の睡眠についてですが、
人間と同じく浅い眠りのレム睡眠と、
深い眠りのノンレム睡眠を行き来
しています。


まずノンレム睡眠の時には寝言を
言いません。


脳は休んでいて体も休んでいる状態
です。この時は少々の物音では起きず、
また寝言も言いません。


一方で、脳は起きていて体は寝ている
というレム睡眠時は、寝ていても脳は
活発に動いていて、犬も人間と同じ
ように夢を見ています。


その為、夢の中の出来事に反応して、
「ウォッ」と叫んだり、「アオーン」
とうわごとのように寝言をつぶやく
のです。


これは人間と同じく、その日に起きた
楽しかったことや驚いたことなどの
記憶を思い出に変換して、整理整頓
している時に起きるのが原因
です。
WS000667


時々、「犬が寝言を言うのはストレス
のせい」と言う考え方の飼い主さんも
いますが、それは間違いです。


確かにあまりに眠っている時間の
ほとんどで寝言を言う場合は、レム
睡眠率が高く熟睡できていないとも
考えられます。


しかし、基本的には犬の寝言は脳の
整理整頓時に起こる生理現象の1つ

と考えておきましょう。


あまりに寝言を言っている時間が
寝ている時間の割に多い場合は、
何らかの原因で深いノンレム睡眠
に入りづらくなっていて、浅い
眠りを続けている場合も少なからず
あります。


様子がおかしい、明らかにずっと
寝言を言っているなど、気になる
点があれば獣医を受診してみま
しょう。


不自然なほどの寝言の連続は、
実は虫歯が原因の歯の痛みによる
ものだったり、病気でお腹が
痛かったりすることもあるよう
です。


痛みがあることで、深い睡眠をとる
ことが出来なくなっている可能性
もあるのです。
WS000564


特に問題ない程度で、犬が寝言を
言っている時は、面白がって起こす
のはやめましょう。


寝言を言っている時、脳は記憶を
思い出として構築し、整理整頓する
作業をしていると思われます。


この時に無理やり起こすと、上手く
整理整頓できないまま眠りが妨げ
られてしまい、
犬にとってはスト
レスとなってしまいます。


さらに、記憶がうまく整理整頓され
ないまま起こされてしまうと、人間
でいう「寝ぼけた」状態となります。


誤って飼い主であることがわからず
噛みついてしまうこともあります。


人間でも、眠った後はすっきり起き
たいですよね。犬だって同じと考えて、
寝言を言っている時はなるべく起こさ
ないようにしましょう。