夏に怖い犬の熱中症。もしあなたの
犬が熱中症になったら応急処置
どうしたらいいのでしょうか。

氷を使ったり冷やす場合にはどの場所
を冷やしてあげるのがいいのでしょうか。

まとめてみました。

スポンサードリンク


犬の熱中症の応急処置は?


犬が熱中症でぐったりしていたり、
症状があるときにすぐ出来る応急処置
はいくつかありますが、とにかく早く
身体を冷やす
必要があります。


・涼しい場所へ移動する


最初に行うことは直射日光が当たる
場所や閉め切った部屋から早く移動
します。部屋であればクーラーを
つけて部屋を冷やします。


扇風機だけを犬に向けてつけるのは
ほとんど意味がありません。(犬は
身体に汗をかけないため)


涼しい場所に移動したら、水を飲ま
せます。


スポンサードリンク


・水分補給


犬が飲みたいだけ水を与えてあげます。
もし意識がない場合や飲みたがらない
場合には無理に飲ませないようにしま
しょう。


水分補給出来たら、すぐに身体を
冷やします。もしくは身体を冷やし
ながら水分補給します。


・身体に水をかける


身体に水をかけて体温を下げてあげ
ます。出来ればお風呂場やシンクなど
で流水をかけましょう。


顔にはかけないようにして首筋から
身体全体にじゃぶじゃぶとしっかり
かけてあげます。
WS001208


中でも重点的に冷やす場所



脇の下
後ろあしの付け根


ここに血管が多くあるので冷やす場所
として効果的です。


意識がハッキリとあって、軽症なら
水をかけた後に扇風機をつけて風を
当ててあげます。水が蒸発するときに
熱を奪って冷やしてくれます(気化熱)。


意識がない、朦朧としている、フラフラ
している、反応が弱い、震えて痙攣して
いるなどの症状があるときには水をかけ
続けて体温を下げなければいけません。


この場合には頭も冷やすようにします。
WS000849


パンティング(口でハッハッハッと
呼吸)しているのであればパンティング
を止めたり、呼吸が落ち着くまで水を
かける


もしくは体温が39℃より下がるまで
続けます。


体温計がないなら耳を触って熱くないか
確認するといいでしょう。


そして病院へ連れて行きましょう。
冷やしている間に電話して指示を
もらうのもいいかと思います。


熱中症の重症であった場合には回復
したとしても病院で診てもらったほう
がいいでしょう。


犬の熱中症の応急処置に氷は?


犬の熱中症の応急処置に氷や冷たすぎる
水はダメとも言われています。


コレは冷たすぎる氷などで身体を冷やす
と血管が収縮してしまい逆に熱を逃がし
にくくなってしまうという理由からです。


これはもちろんあり得ることで注意
しないといけないことなんですが、絶対
使わない方がいいわけではありません。


氷を使って身体が冷えきらないウチに
冷やすのを止めてしまうと、血管が収縮
してさらに熱中症の症状が進行してしまう
のです。


WS000715


つまり氷を使う時には中途半端に冷やさ
ないことが大事
で、犬の体温をしっかり
下げます。


耳を触って熱くないかどうか、パンティング
をしていて、呼吸が荒くない状態まで
冷やさなければダメです。


(意識が朦朧としたりする重症の場合は
水を全身にかけた方がいいです。)


熱中症の応急処置で一番良い方法は
水道水を身体にじゃぶじゃぶとかける
方法ですが、出来ないこともあります。


その場合には氷や保冷剤などを使います。
冷やす場所は脇の下、後ろ足の内側の
付け根
です。


濡らして冷えたタオルで身体を包んで
氷などで冷やすといいでしょう。


病院に向かう時も、濡れタオルと氷、
保冷剤を使って行きましょう。