犬の熱中症の症状は知っていますか?
下手をすると命に関わることもある
危険なものです。

犬の嘔吐、下痢、震え、鼻血を出したり
していたら熱中症なんでしょうか?

まとめてみました。

スポンサードリンク


熱中症の症状その1 呼吸がはやい


これは熱中症とは限りませんが、犬が
暑がっているかどうか
がわかります。


口を開けて舌を出してハッハッハッと
呼吸している場合には暑くて体温を下げ
ようとしています。


つまり室内でコレをずっとしているので
あれば犬にとって室温が高い
ことが
わかります。


常にハッハッハッと口で呼吸しているので
あれば何かの暑さ対策をしてあげる必要が
あると言えます。


熱中症にならないまでも暑さによるストレス
がかかっていると考えていいでしょう。


もちろん熱中症ともなればヨダレをダラダラ
と垂らして口呼吸をし続けます。


そしてさらに熱中症がひどくなると呼吸困難
となり苦しそうに呼吸するようになります。


スポンサードリンク


熱中症の症状その2 嘔吐、下痢


犬の熱中症の症状として多いものが
嘔吐、下痢があります。


暑い時期に嘔吐や下痢をしているので
あれば熱中症を疑って
みましょう。
これに加えて呼吸ははやくないですか?


暑い上に嘔吐、下痢はかなり体力を消耗
して脱水しまうので早めの対策をしない
とダメです。


さらに重症化してしまうと吐血、下血
(血を吐く、血便が出る)の症状
が出る
こともあります。


これは命の危険な状態ですのですぐに
病院に連れて行かないといけません。


WS001204


熱中症の症状その3 震える


熱中症がひどくなると震える症状が
出ることがらあります。


暑いのに震えるなんてあるのと思うかも
しれませんが、脱水や熱がこもることで
痙攣してしまいます。


体温調節の機能が働いていないのです。


筋肉が痙攣しているもので危険な症状
ひとつですので病院へ行った方がいい
でしょう。


犬が震える原因にはいくつかあります↓↓
犬が震えるときの原因とは??


熱中症の症状その4 鼻血


犬の熱中症の症状のひとつに鼻血が
あります。この原因は上で書いた吐血
が鼻から出たというのがひとつあり
ます。


さらにのぼせてしまい鼻血が出るという
こともあります。体温が高くなると血管
が広がり血流が良くなっていきます。


そして鼻の粘膜の血管が破れることで鼻血
が出てしまうようです。


WS000849


熱中症の症状その5 食欲がない、ぐったり


熱中症の症状で食欲がないというのは
よくあります。これはヒトでも同じで
食べたくないなあということがあるかと
思います。


さらに元気が無くぐったりしている
ことも。元気が無さすぎてぐったり、
動かない、エサも食べない、散歩も
行かないという症状
なら病院へ連れて
行ったり、身体が冷えるように対策
してあげてください。


熱中症の症状その6 ふらふらしている


熱中症の症状に犬がふらふらしている
というのがあります。


熱によって脳の神経が正常に働かない
状態になり意識朦朧としていたり、
低血圧となってふらふらするのです。


ひどい症状であれば脳出血なんてことも
あるようです。


これも少しでも早く冷やしてあげる
必要があります。


WS000770


熱中症の症状その7 粘膜の充血からチアノーゼ


熱中症の症状があると血管が開いて
熱を逃がそうとするために、目の結膜
や口の中の粘膜が真っ赤
に見えるよう
になります。


しかし、熱中症が重症化すると体温調節
機能が働かなくなり、目の結膜や口の中
の粘膜が真っ白
になってしまうことが
あります。


この状態は非常に危険ですので病院に
連れて行きましょう。


WS000850


どうでしたか?犬の熱中症の症状には
いくつもあるのが分かりましたか?


犬は暑さに弱い犬種も多く、急に症状が
悪化することも少なくありません。


手遅れになると犬は死んでしまったり、脳
に障害が残ってしまうことさえあります。
夏の暑さ対策は万全にしていきましょう。