犬にもしかしたら熱があると思った時
は見分け方
ってあるのでしょうか。

それと発熱したときにプルプルと小刻み
震えるのってなんでなんでしょうか。

まとめてみました。

スポンサードリンク


犬に熱があるときの見分け方


犬に熱があるかどうかを体温計がない
ときに見分け方はないのか紹介して
いきます。


1.呼吸をみる


犬に熱があるか見分ける方法のひとつ
に呼吸を見てみましょう。


パンティング(口を開けて、ヨダレを
出して呼吸している)をしているのは
犬が身体から熱を逃がそうと
している
状態です。


このパンティングの呼吸が荒いほど、
体温が高いと言ってもいいでしょう。


パンティング出来ないくらい熱がある
ときには命の危険もあります。


スポンサードリンク


2.耳を触る


耳は毛が少なく、犬の体温が分かり
やすい部位
です。


普段から耳を触っておけは、熱があるか
見分けることが出来ます。耳が普段より
も熱いのであれば、注意してみましょう。


WS000852


3.眼を見る


熱が出ると涙が出て眼がウルウルする
犬がいます。


これは熱がによって、鼻涙管(目から
鼻へ涙が流れる管)が炎症で腫れて
しまい、涙が眼からあふれるからです。


4.皮膚が赤くなる


熱の見分け方のひとつに皮膚を見る
というのがあります。


身体に熱がこもると熱を発散しようと
するために、皮膚表面の血管が拡張

します。


このため、皮膚が赤くなるんです。
とくに熱があるかどうかを見るときには
首筋の毛をかき分けてみてください。


これも普段の皮膚の色を確認しておくと
熱があるか見分けやすくなります。


WS000770


5.拒絶する


熱があるか見分け方のひとつにヒトに
触られるのを拒絶するというものがあり
ます。


いつもは触ると喜ぶのに嫌がるという
のは、調子が悪いサイン
です。熱が
ある可能性があります。


WS000701


ここで挙げたものはもちろん個体差が
あるので全て当てはまる犬もいれば、
当てはまらないこともあります。


重要なことはいつもと様子が違うという
ことなので、普段から健康な状態なら
どうかということを確認しておきましょう。


犬の熱があるときに震えるのはなぜ


プルプルと震えるのは普通であれば
寒い時ですよね。それなのに熱がある
ときにも震えるのってなんでか疑問
かもしれません。


これには身体が侵入してきた異物と戦う
ために行っているのです。


身体に細菌やウイルスが侵入してくると、
白血球がやっつけにいくのは知っています
よね。


この白血球の働きは熱が高いと強くなる
です。だから、風邪を引いたりすると身体
がわざと熱を出すんです。


WS000670


この熱を出すために


・血管を収縮させて熱を逃がさない


・脂肪を燃やす


・筋肉が震えて熱をつくる


こういうことが犬の身体の中で行われ
ているんです。


つまり、熱があるから震えるのではなく
熱を上げるために震える
ということ。


これは犬だけではなく、ヒトでも同じ
です。プルプル震えるからといって寒い
とは限らない理由です。


ただし、熱中症のときに熱が身体にこもり
すぎても震えることがあります。かなり重症
の状態で痙攣している状態なので、熱中症の
ときに震えるならばすぐにでも病院へ。