犬をお風呂に入れるのってどれくらい
の頻度か知っていますか?

お風呂の適温ってどれくらいなんで
しょうか。まとめてみました。

スポンサードリンク


犬のお風呂の回数!どれくらいの頻度?


犬のお風呂は皮膚や被毛を健康に保つ
ためにはとても大切です。


だからといってお風呂に頻繁に入れて
シャンプーしまっては本来犬が皮膚や
被毛を健康に保つために必要な皮脂
まで洗い流してしまうのでおすすめ
できません。


シャンプーのしすぎは皮膚を乾燥させて
しまいすぎる
ので、フケの原因と
なってしまいます。


また、子犬の場合はまだ抵抗力がついて
いないのでお風呂はおすすめできません。


子犬の場合は排泄をして体が汚れてしま
った時などは濡れたタオルで体を拭いて
あげる程度にとどめておきましょう。


ワクチン接種が終わって落ち着いてからの
生後6ヶ月頃から少しずつシャンプーを
していきます。


いきなりシャンプーでお湯をかけられて
しまってはお風呂嫌いになってしまうので
様子を見ながら慣れさせてあげましょう。


WS000669
また犬のお風呂として、犬用のバス
タブを利用してあげると犬が安心して
入れるように設計してありますので
おすすめです。


成犬の場合はお風呂に入れる頻度や
回数はそれぞれの犬の汚れ具合や生活
様式、体質など様々な条件で異なり
ます。


シャンプーをせず、お風呂に入れる
だけであれば、お風呂は毎日入れて
あげても構いません。


シャンプーをするお風呂の場合の頻度
は夏は月2回、冬は月1回くらい
が良い
です。


もちろん汚れがひどい場合は回数を
増やしてあげると良いですが、前述
したように回数を増やすと皮膚に
ダメージを与えてしまいますので、
シャンプーの回数は増やしすぎない
ように
しましょう。


皮膚の強い弱いは個体差があるので、
今の頻度でフケが出やすい
皮膚が赤くなっている
臭いニオイが出やすくなった(皮膚の
健康状態が悪くなっている可能性)


こういった症状が出ていたらお風呂や
シャンプーの頻度を見直して、減らして
みましょう。


スポンサードリンク


犬のお風呂の適温は


人間にとってお風呂の適温は38度~
40度くらいですが、これは犬に
とって熱すぎます。


子犬の場合の適温は35度、成犬の
場合は30度~35度が適温
とされて
いますので、これくらいの温度を
目安に犬のお風呂を準備してあげて
ください。


またトリマーさんによっては犬の
お風呂の適温は25度と言う人も
います。


それくらい犬のお風呂の適温はまち
まちですから、犬の様子を見て、適温
をさぐってみてください。


WS000672


犬のお風呂の注意点


犬がお風呂が嫌いになる原因として
自分の匂いが消えることを嫌がること
があげられます。


また犬の嗅覚はとても鋭いので、
シャンプーの匂いが嫌いということも
ありえます。


いずれにせよ、犬にとって刺激の少ない
シャンプーを選び、幼犬の頃からシャンプー
やお風呂に慣れさせてあげることが皮膚や
被毛を健康に保つためには大切です。


犬がお風呂を好きになってくれれば、
トリマーさんにお願いしやすくなりますし
、もちろん犬が健康的な生活を過ごせる
ようになります。


そして、お風呂に入ることで高いリラックス
効果を得ることができます
ので、出来る
だけ早いうちから犬にはお風呂を慣れ
させてあげてください。


最後にお風呂に入れたときには脱水に
注意をして、お風呂前とお風呂後には
水分補給をすることを忘れないように
しましょう。