人間でもお風呂が嫌いな人がいるよう
に犬の中にはお風呂が大好きな子や反対
に大嫌いな子がいます。

この分かれ道はお風呂の入れ方にかかって
います。それでは犬のお風呂の入れ方で
注意する点をご紹介します。

スポンサードリンク


犬をお風呂に入れる前に


犬を風呂に入れる前にブラッシングを
してあげる
方が良いです。これは汚れが
浮き出てきますし、毛がもつれるのを
防ぐのでおすすめです。


これが出来ていれば、シャンプーしなく
ても汚れのほとんどは落ちるので必ず
するようにしておきましょう。


スポンサードリンク


犬のお風呂の入れ方


お風呂の温度は36°~38°が丁度良い
です。


お尻から後ろ足、胴体、前足、顔の順番
にシャワーで濡らしていってあげてくだ
さい。


いきなり顔からお湯をかけると驚いて
しまってお風呂嫌いになる可能性が
ありますので必ず後ろから優しく
濡らしてあげましょう。


シャワーの強さも強すぎて、刺激に
なったり、音が大きいのでびっくり
してしまうので弱めにしておきます。


もしくはシャワーヘッドを身体に
くっつけるようにして、水を出すと
音も出ないし、毛の根本まで水が
届くので良いですよ。顔を洗うとき
には水は弱くします。


顔を濡らす時には鼻に水が入ら
ないように注意
してあげましょう。


顎の下をもって鼻を高くしてから
水をかけるようにします。


動画はこちら↓↓
犬のシャンプー顔はどうする?


シャワーヘッドを目の近くに持って
くると自然と目を閉じるので、目に
水がかからないように注意しすぎ
なくても大丈夫です。


(シャワーから出る水を直接、目に
はかけないように)


どうしても顔にお湯がかかることに
抵抗がある犬の場合は無理をせず

濡れタオルで顔を拭いてあげる程度
にとどめてあげてください。


WS000771


体の洗い方は濡らし方の逆で、顔から
洗っていってあげてください。


耳の穴や鼻の穴にお湯が入らないよう
に気を付けましょう。


毛質によってはうまくシャンプーが泡
立たない場合もありますので、地肌を
しっかりと濡らして、ゆっくりと洗う
ようにしてください。


また、犬用のシャンプーは目に入って
もほとんどシミたりしないので、そこ
まで心配する必要はありませんが、
できれば入れないように注意してあげ
ましょう。


お風呂の入れ方はこの程度気を付ければ
十分です。シャンプーのすすぎ残しだけ
は無いように
しっかりとすすいであげ
ましょう。


WS000570


犬のお風呂の時の耳ってどうする?


犬をお風呂に入れるときには耳に水が
入らないようにと言われたりしています
が、完全に入らないようにするのって
難しいですよね。


逆にトリマーでも耳の中まで水やシャンプー
を入れて洗うところもあるくらいなので、
そこまで耳に入らないように神経質になる
必要はないです。


実際に気をつけていてもある程度は耳の中
に水は入っていっています。


犬は頭をぶるぶるとふることで、耳の中の
水を出すことができます。


だからといって家のお風呂ではわざと
耳の中まで綺麗にしようとしなくていい
です。


耳の中はデリケートなので専門家に任せ
たり、耳掃除用のクリーナーを使うよう
にしましょう↓↓


イヤークリーナー ノルバサンオチック


犬がお風呂嫌いになるかどうかは飼い主
さんの入れ方次第です。


あまり無理をせずにお風呂に上手く
入れたときにはしっかりと褒めたり、
ご褒美を与えてあげましょう。


WS000699


犬にドライヤーをかける


お風呂の入れ方だけでなく、大事な
ことがドライヤーです。


濡れたままにしておくと、カビの原因に
なったりと、せっかくお風呂に入れた
のに皮膚の健康を損なう可能性があります。


また、犬がお風呂嫌いになる原因として
ドライヤーの音があります。


ドライヤーの音に慣れさえてあげる
ことから始めましょう。


WS000701


初めてドライヤーを見て、風が出て、
音がうるさいものが近づいてきたら
犬はびっくりしてしまいます。


お風呂に入れるときだけでなく、
ドライヤーの音を聞かせておいて慣れ
させておくのも一つの手です。


犬のドライヤーをかけるときは

・しっかりとタオルでふいておく
・30センチくらい離して使う
・顔に風がかからないようにする


まず大事なことはこれです。しっかり
とタオルでふいておくと、ドライヤー
の時間が短くて済みます。


ドライヤーから出てくる風が顔にかかる
のを嫌がる犬は多いです。顔にはかから
ないようにしましょう。



・温風と冷風を切り替える


これも大事な点です。温風ばっかり
使っていると犬は暑くなることがある
ので、冷ましながらドライヤー使います。


WS000711


・顔は下からあてる


顔に風がかからないようにするために、
顎をもって鼻を高くして、下からあてる
ようにしましょう。


このとき耳はふさいでおくと嫌がり
にくいです。犬は鼻の穴や耳の穴に
風が当たるのが嫌いです。


ドライヤーで乾かせたらしっかりと
褒めてあげるのを忘れないように。