犬にオムツをつけないとダメなこと
はありますよね。

犬のオムツの付け方と、どうしても
ずれる場合の対処法などについて、
ご紹介しましょう。

スポンサードリンク


まず犬のオムツですが、しっぽが
ある子とない子とで、付け方が大きく
わかれます、


しっぽがある子の場合はオムツに
空いた穴はそのままの付け方でいい
です。


しっぽがない子の場合は、おしっこ
シートなどでふさぐ必要がある場合
があります。


さらに、犬用のオムツで、男の子の
場合と女の子の場合で、尿が出る
位置が異なります。


犬種によってもお尻のサイズは
異なります。これらを考慮して、
まずは一番「つけやすい」
「フィットする」オムツを選ぶ

必要があります。


スポンサードリンク


足の通る穴に両足を通し、その後
しっぽ穴からしっぽを出しておいて、
胴体部分を上下くっつけます。


多くの場合テープ式ですが、パンツ
タイプの場合はくっつける必要が
ありませんね。


おおまかにしか正式なオムツの
取り付け方法が書かれていない
のは、犬の個性によってどのよう
に取り付けるのが一番良いかが
変わる
為です。


正式なやり方を意識せずに、
どちらかというと場数を踏んで、
最も良い方法を飼い主が探って
いくのが一番良い方法でしょう。


どうしてもオムツがずれる場合の対処法
ですが、犬用のサスペンダーが販売
されているので、そのようなアイテム
を活用するのも1つの方法でしょう。


その他にも、犬にフィットするズボン
タイプの洋服をオムツの上から
着せて
ずれないようにするなど、飼い主さん
はそれぞれ工夫をしているようです。


WS000055


それでもずれる場合は、オムツの
サイズが犬の体型とずれているとも
考えられます。


そのような場合は、飼い主が犬に
とってぴったりのサイズのオムツ
を手作りで作ってあげるのも良い
でしょう。


やはり全ての犬がオムツのSサイズ
MサイズLサイズにあてはまるわけ
ではありません。


中にはSからMの中間くらいのサイズ、
MからLの中間くらいのサイズという
犬もたくさんいます。
WS000058


ぴったりのサイズよりも小さいと隙間
がごわついてずれたり、オムツを
嫌がる原因になります。


逆にぴったりのサイズよりも大きいと、
きつくて締め付けられ、犬が自分で
オムツをぬいでしまう原因になります。


必要以上に蒸れる原因にもなります。


このような中間サイズの犬には、防水布
と吸水性のある布、フリースなどを
使って作れる、手作りのジャストサイズ
オムツを作るのが最もずれにくいので
おすすめです。


さらに、老犬の場合は自作すると
マジックテープなどを使ってつけ
やすく加工することもできるので、
市販のオムツよりも便利に使えます。