犬のしつけの始まりといえば、トイレと
おすわりだと思います。

おすわりって子犬の時期でいつから教えれ
ばいいのでしょう。しつけ方、教え方も
まとめています。

スポンサードリンク


おすわりをしつける時期はいつから


犬をしつける時期は生後3ヶ月くらい
からしつけ始めることができます。


生後5カ月くらいまでが最も覚えて
くれます。これを越えるとしつけに
くくなってきますが、根気よく教える
ことで必ず覚えてくれます。


柴犬などの和犬は生後3ヶ月くらいから
教えるのはやんちゃすぎてなかなか
難しいですが、放置せずに頑張って
ください。︎


WS000109


洋犬の方が比較的しつけやすいと
されてはいます。


3ヶ月を過ぎていても飼い始めて間も
ない場合は焦らずしっかり遊んで
あげて、目を合わせるアイコンタクト
をしたりと犬との関係を築いてからに
しましょう。


スポンサードリンク


こんなこと知っていますか?お散歩の時間!
お散歩って犬によって時間ちがう! 


おすわりの教え方


まずはご褒美を用意しておきます。
カロリーの低い喜んで食べるおやつが
いいでしょう。


・おやつを1粒手に持ち犬に見せます。
欲しい欲しいと興味を持たせたら高く
手を持ち上げます。


︎興味を持たないなら何度か手からおやつ
を与えておくと手にはいいものがあると
覚えます。


・犬が手を追って高く見上げると体勢が
きついため、座ります。


・座る瞬間に『おすわり!』と1回言って
から、座った直後におやつを与えます。


・その後に『いいこ!』と言ってから
頭を1回か2回なでて褒めます。


何度もひたすら繰り返します。子犬の
ときなら集中力が続くのは短いので
長くても15分
くらいにしてください。


時間が経ったらまた繰り返します。


WS000112


︎注意することはおすわりさせる命令語は
家族全員で同じものにしましょう。
『おすわり』『シット』など。


もうひとつ注意することはうまく座れ
なくても『もー!』『だめー!』
なんて大きな声を出さないように!


静かに淡々としつけて、命令語と
褒める言葉だけハッキリと声に出します。


おやつを見せる→『おすわり!』→犬が
座る→おやつを与える→『いいこ!』と
褒めてなでる


この流れが出来るようになったら次の
ステップです。


WS000113


・『おすわり!』と言って犬を座らせる。


・座ったらおやつをあげて、褒めてなでる


おすわりの言葉だけで座らなかった場合は
前のおやつを見せてから座らせるしつけ
方に戻ります。


ここまで出来たらあとは仕上げです!


WS000114


・おすわり出来たあとのおやつの回数を
減らしていきます。なでて褒めるだけの
ときを作っていきます。


おやつをあげたりあげなかったり、
それに加えていろんな場所でも
やります。


おやつをあげたりあげなかったりと
ランダムに練習しないとおやつが
なかったらおすわりしない犬に
なってしまいます。


WS000115


おすわりが出来るようになったら
『待て』のしつけに進みましょう。


犬のトイレのしつけは出来ていますか?
犬のトイレのしつけ!!