犬にパテラという病気がありますが知って
しますか?パテラには症状別にグレード
分けされています。

犬のパテラとはいったいどんなものなのか
紹介します。

スポンサードリンク


犬のパテラとは?


犬のパテラとは膝蓋骨脱臼のことです。
後ろ足の膝のお皿が正常な位置から
ずれてしまった状態を指します。


チワワやトイプードルなど小型犬が
発症しやすいと言われています。


犬が3本足で歩くようになったり、
お散歩を嫌がるようになったり
したら要注意です。


スポンサードリンク


犬のパテラのグレードは?


パテラにはグレードが1~4あります。


グレード1は初期症状で、飼い主さん
はほとんど気づくことがありません。


膝のお皿がずれてしまってもすぐに
戻ってしまう状態で痛みもほとんど
ないようです。


グレード2はお皿がずれていても、
犬が自分で足を後ろに蹴り上げたり、
伸ばしたりすることで、お皿の位置
を元に戻すことができる状態です。


時々足を浮かせた状態で歩行して
いたら、この段階だと思って良い
でしょう。


若い頃は特に支障はありませんが、
年をとってくると骨が変形したり、
筋が伸びたりすることで、グレード3
へ移行する危険性があります。


グレード3はお皿が常にずれている
状態を指します。


一時的にお皿を元の位置に戻しても
すぐに外れるので、けんけん歩行を
することが多くなります。


グレード4は常にお皿がずれてしまって
いて、元に戻すことができない状態を
指します。


筋肉や人体の萎縮がおこり、骨の変形
が見られるので常に足を曲げた状態と
なります。



パテラを予防するには


症状が軽い場合は足を曲げ伸ばしさせて
筋肉を強化し、症状の進行を抑えること
が有効とされています。


またグルコサミンやコンドロイチンなど
が配合されたサプリメントを飲むことも
症状を軽くするのに効果的です。


パテラと思われる症状が見られたら、すぐ
に動物病院へ連れて行きましょう。


レントゲン撮影等してもらい、愛犬がどの
段階か把握することが大切です。


症状を悪化させないためにあらゆる手段
で犬を守ってあげましょう。


まず自宅がフローリングなら、ツルツル
滑りやすい床は犬の足に良くありません。


リフォームをするまではいかなくても、
最近では犬用の滑りにくくするフロア
マットなどが販売されているので、
それらを利用して犬の膝への負担を軽減
させましょう。



またつい大好きな飼い主さんに2本足で
立ち上がってじゃれる子がいます。


見ていてとても愛らしい姿なのですが、
膝へ負担がかかりますから、止めさせる
ようにしましょう。


肥満を防止することも膝への負担を軽く
するのに有効です。体重管理は徹底して
行いましょう。


また、足の筋肉をつけることは膝を
支えるのに有効です。適度な運動を
して筋肉をつけてあげましょう。


犬のパテラの治療法は


犬のパテラの治療法は手術もしくは
対症療法のどちらかになります。


大して治療をしなくても歩行に支障
なく最期を迎えることができる子も
いるため、どの治療法を選ぶかは獣医
さんと飼い主さんの判断に委ねられます。


犬のパテラの手術費用は


もし手術するなら費用はどれくらいかかるか
というと、動物病院にもよりますが、概ね
15万~40万が相場と言われています。


これは地域や場所によって相場が変わる
ようです。果たして自分の愛犬にはどの
治療法が有効なのか、セカンドオピニオン
を聞くようにしてください。


自分がこれだと思う治療法を選んでください。


もし手術をしたとしても再発する可能性は
十分にあります。


犬のパテラの手術以外の治療法は


手術以外の治療法として膝に負担をかけない
という方法もあります。


例えばフローリングであれば、滑り難い素材
のマットを敷くとか、犬が喜んでも2本足で
立たせないとか、グルコサミンやコンドロイチン
が配合されたサプリメントを与えるなどです。


サプリメントはロイヤルカナンの緑イ貝が
おすすめです。


その他のメーカーでもパテラの症状を抑える
サプリメントが色々出ていますから、獣医
さんと相談して与えるようにしてください。


そして一番大切なことですが、膝のお皿が
外れるからといって、運動をさせないのは
逆効果です。


グレードが1や2の段階であれば、足を曲げ
伸ばしするなどして膝を支える筋肉を強化
させることが大切です。


筋力トレーニングはやりすぎは症状の悪化
を招きますが、適度であれば症状を食い
止めるのに大変有効ですので、試してみて
ください。