犬がピーナッツを食べてしまった!?
大丈夫なのでしょうか?どれくらい
食べると問題が出るのでしょうか。

また、アレルギーが出てしまう可能性は
あるのでしょうか。

スポンサードリンク


犬にピーナッツは大丈夫?致死量は?


犬がピーナッツを食べてしまった!と
焦ってしまわなくても大丈夫です。


ニラやネギのように犬に絶対に与えては
いけないものではない
からです。


もちろん与えすぎはダメですが、少量で
あれば与えても大丈夫です。


致死量はあるのかどうか不安になる
ところですが、実際これは体格差や
ワンちゃん自体の特質もあるので、
これくらいまでとは分かりません。



ピーナッツを使用したおやつをペット
ショップなどで見かけることがあるか
と思います。


アレルギーがある子でなければ、むしろ
体に良い成分が入っているので細かく
砕いたり、すりつぶしたりして、おやつ
として与えたり、ドッグフードの
トッピングとして与えたりしてください。


ピーナッツにはオレイン酸、リノール酸
という不飽和脂肪酸を多く含んでいるので、
悪玉コレステロールを除去する働きがあり、
がんや動脈硬化を予防する効果があります。


またビタミンEも多く含んでいるので、
高い抗酸化作用があり、アンチ
エイジングにも効果的です。


犬にピーナッツは与えすぎないように


どの食べ物でもそうですが、与えすぎ
は禁物です。


人間でもそうですが、ピーナッツを
食べ過ぎると胸やけをおこす人がいる
ように、犬も食べ過ぎてしまう
と、嘔吐や下痢を引き起こす危険性
あります。


これはピーナッツの成分が半分以上油分
であるために消化不良を起こしてしまう
のが原因です。


また、マグネシウムも多く含むので、
結石が出来てしまう原因となって
しまいます。


スポンサードリンク


犬にピーナッツを与えるときは


栄養素の摂取はドッグフードからが
望ましいので、おやつなど、ドッグ
フード以外の食物を食べることは
あまりおすすめしないですが、もし
与えるのであれば、少しずつ、犬の
様子を見ながら与えるようにしま
しょう。


万が一、自分が目を離したすきに犬が
勝手に食べてしまった場合でも、犬が
元気なら大丈夫でしょう。


ただし、上にも書きましたが消化不良を
起こすことがあり、嘔吐や下痢をする
ことがあるので元気がないときには病院
へ連れていっておきましょう。


犬によってはピーナッツの摂取量が一定量
に達すると、下痢や嘔吐、皮膚を掻き
むしるなどのアレルギー症状が出ることも
あります。


元々犬は肉食動物ですから、豆類などは
消化に適しておらず、アレルギー症状を
引き起こしやすいと言われています。


アレルギーは重篤な場合は痙攣や呼吸困難
を起こしますので、そのような症状が出たら
すぐに動物病院へ連れていきましょう。


そのような事態にならないためにもドッグ
フード以外の食物を与える時は必ず少量
ずつ与えて、犬の様子を見ながら量を
調節してみてください。