犬を散歩するときに勝手に先に
引っ張って行こうとしたりすると
危険です。

散歩のしつけの方法は?準備するものは?
散歩のときのマナーはまとめてみました。

スポンサードリンク


▼散歩のときのしつけ


◇犬が飼い主の前を歩きグイグイ
引っ張るを辞めさましょう!
(リーダーウォーク)


飼い主の主導権で歩くということを
覚えさせましょう。


まずは、リードを短くしっかり持ち、
余った紐は手首に一周巻きつけましょう。


短くもつことで、犬の行動範囲が狭まり
勝手な行動をとれないようにします。


スポンサードリンク


>リードでだめなことを教える


前を先々歩こうとしたらリードを引きます。
飼い主の横に座らせまた歩き出し前を歩くと
リードを引き横に戻ってくるようにする。


これを繰り返し、上下関係を作りましょう。


落ちている物を食べようとした時も
リードを引いてだめなことを教えて
あげましょう。


photo_2


>信頼関係を強める


散歩の時に、名前を呼んで、目を見る
「アイコンタクト」も頻繁に行おう。
信頼関係が強まってきます。


その時などに、散歩中の待てやお座りも
一緒に覚えさせていきましょう。


20070825_99358


>どうしてもゆうことを聞かないときは


罰を与えましょう。
体罰では、ありません!犬にとって一番
嫌いなことをして教えていきます。


それは、「無視」することです。いつも
いっている行きたいところ(公園など)に
行かせない。


目の前を通りすぎる、引き返すなど、
犬ががっかりすることをします。


WS000154


★飼い主の横を少しでも歩けたときは


瞬時にごほうびをあげ、できたことを
褒めて教えてあげましょう!


おやつをあげたり、公園などで遊んで
あげる、なでてあげるなどわかりやすい
表現でできたら褒めてもらえることを
教えていきます。


歩いたり止まったり引き返したり
最初は散歩にならないかもしれませんが
根気よくやっていくことが重要です!


WS000164


※しつけは中途半端にするとたくさんの
時間をかけても意味がありません。


例えば、しつけする日としない日とムラが
あったり、食卓に手をかけても怒る人と
怒らない人といると犬は混乱します。


家族でしつけのルールを統一するのが
犬のしつけの近道です。


▼散歩に準備するもの


◇リード


必ずリードはつけましょう。外に出ると
どんなことが起こるかは予想できません。
犬が怖がる小さな子供たちや、車道など
危険がいっぱいです。


d9acce9b228ead3f8be18398dc89f71e


◇首輪(名前、住所、電話番号などを記載)


万が一、飼い主にもしものことがあったり、
犬が迷子になった時など親切な人が保護
してくれた時のため。


名前や住所、電話番号などを記載すると
連絡がくるかもしれません!首輪がないと
野良だと思われ保健所に。。ということも。


jessicadogbeach


◇ビニール袋、お水、スコップ


散歩中に犬が排泄するかもしれないので、
糞はビニール袋の中にいれ持って帰りましょう。
尿はその場所に水をかけてください。
飼い主としてもエチケットですね♪