犬の血液検査で赤血球数が少ないって
結果が出たけどなんでなの?

減少する貧血病気にはどんなものが
あるでしょうか。

犬が貧血になる原因についてまとめて
みました。

スポンサードリンク


犬の赤血球が少ない、減少するとき


犬の赤血球の数が減少するのは主に
貧血と呼ばれる状態なんですが、この
貧血にはいろいろな種類があるんです。


1.出血による貧血


一般的に赤血球が減少するものとして
思い浮かぶのがコレですよね。


ケガによる出血、胃潰瘍など胃腸からの
出血
による貧血です。


身体のどこかに腫瘍が出来ていた場合
に出血が続くということもあります。


スポンサードリンク


2.中毒による貧血


これも犬の貧血では多くあります。
有名なのはタマネギ中毒でしょう。


タマネギ中毒になると赤血球が破壊
されることにより赤血球数が減少し、
貧血となります。


WS000562


3.自己免疫介在性貧血


どの犬種でも起こることが分かって
いますが、起こりやすい犬種もいる
ため遺伝により起こると考えられて
います。


赤血球を自分の身体の一部ではない
異物として認識
してしまい、どんどん
赤血球を壊していく病気です。


赤血球を壊していくため、赤血球数は
少ない状態になります。放置すると
死んでしまう
ため、早期発見が必要。


WS000563


4.寄生虫による貧血


ダニに寄生しているバベシアという
原虫がいます。それがダニの吸血に
より、犬に感染してしまいます。


これにより赤血球が破壊されるため
に赤血球数が減少してしまう病気です。
病院の検査ですぐに分かります。


WS000561


5.赤血球を作れない


赤血球を新しく作ることが出来ない
状態になるとどんどん赤血球が減
少していくため、貧血となります。


いわゆる非再生性貧血と呼ばれる
もの
です。


この非再生性貧血となる原因は多く
あります。


WS000673


・腎臓で作られる赤血球を作れと命令
するホルモン(エリスロポエチン)が
腎不全で作られなくなる。


骨髄の病気により赤血球が作られ
なくなるなることがあります。リンパ
腫や白血病など。


薬によっては骨髄の働きを弱める
ものがあり、赤血球の産生が減少してし
まいます。


・なんらかの原因による慢性炎症では
骨髄の機能が抑えられることがあり、
そのため赤血球数が少ない状態になり
ます。


WS000703


他にもいろいろな原因があり、赤血球
数の低下だけではわからないことも
多いです。疑問に思ったことは病院で
聞いてみるといいでしょう。


赤血球数の正常値は知ってますか??