冬の寒い時期になると犬がプルプルと
震えてませんか?寒さに弱い犬もいる
ので、室内でも寒さ対策は必要なことも。

お留守番のときなんかはどうしてますか?
まとめてみました。

スポンサードリンク


室内で飼っている犬の寒さ対策


室内で飼い続けていると犬はどうしても
寒さに弱くなってしまいます。もともと
強い犬であったとしてもです。


とくにチワワなど小型犬は比較的寒さに
弱いのです。よく震えていませんか?
寒くて震えている可能性がありますよ。


寒さはかなりのストレスになり、熱を作り
出すためにエネルギーが必要となるので、
寒すぎる状態だと寿命が短くなると言われ
ています。


そのため寒さの対策は必要なことも多い
です。とくに子犬、老犬の場合は気を
使わなければダメなんです。


ヒトがいるときはストーブをつけたり
出来ますが、寝るときや留守番は
どうすればいいのでしょうか。


スポンサードリンク


犬の寒さへの弱さのまとめは↓↓
犬って寒さに弱いの?? 


室内で中型、大型犬を飼っている場合


中型、大型犬は基本的には寒さに弱くは
ないので、特別に寒さ対策をする必要は
ありません。


子犬、老犬、部屋の中が氷点下になると
かなら対策はしてあげてください。


寒がりであるならヒーターとか必要かも
しれませんので、家の中の暖房を消して
寒がるようなら


WS000241


・床に直接寝るようにしない。
床に直接寝るようにすると身体が冷えて
しまうので、必ずベッドを用意します。


・部屋に置いてあるベッドを囲う
置いてあるベッドを例えばダンボールで
囲ってあげます。入り口を小さめに。


これだけで暖かさが違うんです。


・毛布を与える
ふだんは与えていないなら、寒くなって
きたら毛布を与えてください。


WS000164


室内で小型犬を飼っている場合


基本的には大型犬、中型犬と同じように
してあげてください。


小型犬の子犬なんかだと必ずペット
ヒーターが必要と言われています。


ペットヒーターはこんなの↓↓
ゴン太のホッとヒーター 


他にもいくつかあるので合うものを
探してみてください。


WS000167


子犬じゃなくても寒がりであればペット
ヒーターをつけてあげてもいいと思います。


暑ければ自分で離れることができるような
場所に置いてあげてください。


毛布を使うならこんなタイプのものも
暖かいのでおすすめですよ↓↓
寝ぶくろ保温クッション 


寒さからのストレスはしっかりと対策
してあげてください。