愛犬がもぐもぐうんちを食べているところを
発見!!なんてことはありませんか?

悪気なんてないですし、その口で飼い主の
顔などを舐めようともしてきます。

そんな食糞の原因や防止方法、治し方、
やめさせる方法をまとめています。

スポンサードリンク


『犬がウンチを食べる』


私たち、人間からしたらその行為を
理解することは難しいでしょう。


ですが、犬からすると日常的なことで、
汚物というより「食べ物を食べている」
くらいに思っています


「うんちを食べる」という行為をする
動物は犬だけでなく、多くの動物たちが
本能的や自然に行う行為
でもあります。


under-pic30


食糞によって犬自身が病気にかかったり
してしまう可能性もあるのでできれば
早めに辞めさせる努力をしましょう!


なぜ食糞をしてしまうのか。原因を理解しましょう


*子犬


子犬は好奇心旺盛でたくさんのことに
興味を示します。自分のうんちにだって
興味を持ちます。


なにか臭いがするので舐めてみよう、
食べてみようとなります。成犬になると
自然にしなくなるケースもあります。


スポンサードリンク


*たべもの


排泄にはたくさんの栄養が入っています。
缶詰などのにおいがきついものは、食べて


排泄されても糞から臭いがする為また
食べてしまったりしてしまう。


つまりウンチを食べ物と思っています。


7295355s


もしくは、与えるフードの量が少なく
お腹が空いていて食べてしまう。

(フードの量を増やすのではなく食べ物を
噛む回数を増やしてあげましょう)


*ストレスや環境


飼い主さんの愛情が感じることが
できなかったり、一緒にいる時間が
短かったりする場合。


飼い主さんに構ってもらいたいという場合。


2116607s


多頭飼いなどで糞の始末が不十分な場合や、
長時間糞の始末ができていない場合。


ゲージの中に長時間いることや運動量が
少ない場合など犬にとってかなりの
ストレスを与えています。


*病気


内部に寄生虫がいるもしくは、消化器に
問題がある場合。


450-200601141418587153


*母性本能


母犬が子犬のうんちを食べて始末する
こともあります。臭いを発する糞で


捕食者に居場所を知らせてしまうので、
身を守るために食べて始末するという
本能の場合。


c0224506_0462119


●重要●


対処方法を試してみる前に、病気の可能性も
ありますので一度動物病院で診てもらっても
いいかもしれません。


誤った対処方法


*大きな声で叱る・叩く


大きな声で叱ったり、叩いたりすると
対策などで書いてあったりしますが、
それは間違った対処です。


叱ることで余計にストレスになったり、
大声で叱ることで「食べて褒められた」や


飼い主さんに構ってもらえたなどと勘違い
してしまったり
します。


0c7839077c353dc8b07412cfa5cda56ba5030037.05.2.9.2


食糞防止・治し方・やめさせるには


はっきりとした絶対的な解決方法というのは
ありません。いくつかの原因を知り、それに
合った対策を試していくしかありません!


ただ、成犬になるにつれて自然と食糞を
しなくなるケースもあります。


*食糞を見ても騒がず、静かに片付ける


糞を素早く片付けることや食糞をみても
騒がないこと。騒ぐと構ってもらえたなど
勘違いする
犬がいます。


四六時中、犬の排泄のタイミングをみている
わけではないのでこれは対処法というより基本。


実践していても飼い主さんの外出中などは、
食べてしまったりする場合もあります。
基本でおさえておきましょう!


001


*怒らない


トイレ以外の場所で排泄しても怒っては
いけません。「排泄する」と怒られると
勘違いする
犬も少なくありません。


排泄したことを隠すために食糞を始める
ケースもあります。正しい場所で排泄が
できたらうんと褒めてあげましょう♪


20070524_225153


*缶詰やフードの種類を変えてみる


うんちからフードの臭いなどを察知し食べる
場合もあるので、フードを変えてみるのも
いいかもしれませんね。


食糞防止フードやサプリ、シロップなど
多種類に販売
されています。試してみる
価値はあるかもしれません!


P1590049


*愛情表現をたくさんしてあげる


ストレスで食糞をはじめる犬もいますので、
愛情表現や散歩をたくさんしましょう。


飼い主さんが家にいる時間はなるべく
ゲージの外に出してあげたり、おもちゃで
遊んであげたり話しかけたり愛情を!!


683a892f


ウンチを食べることでワンちゃんは、
何かを訴えているかもしれません。


防止方法を試していってみてください。