犬に痴呆が始まったかも!?って
思ったら症状をチェックしてみま
しょう。

徘徊や夜鳴きだけではありません。
犬の痴呆の症状にはどんなものがある
のでしょうか。

スポンサードリンク


犬の痴呆の症状は


ペットフードや医療の進歩により犬の
平均寿命が伸びてきています。


寿命が伸びることは大変うれしいこと
ですが、痴呆の症状が出てくることが
あります。


痴呆の症状としてはいくつかありますが、
睡眠の変化やトイレの失敗などがあり
ますが、一番困るのが徘徊と夜鳴きかも
しれません。


痴呆の症状はこういったものがあります。


・食欲がなくなる
・昼間に寝て夜に寝ない
・方向転換ができなくなる
・まっすぐ歩けなくなる
・トイレができなくなる
・目が悪くなる
・耳が聞こえなくなる
・夜鳴きをする
・ボーっとすることが多い
・同じことを繰り返す(同じ時間に)


この中の項目が増えているなら痴呆の
可能性はかなり高いです。


WS000671


痴呆になってしまった場合には病院
での治療はあまり期待できません。
介護していく気持ちを強く持つ必要が
あります。


若いころに比べて飼い主の言葉に対する
理解能力が下がってきています。


そのため、徘徊や夜鳴きを止めさせようと
注意しても効果が無く終わることがほとんど
です。


きつく叱るのはもっての他です。
叱ったとしても効果はありません。


今回は痴呆の夜鳴きと徘徊の対策に
ついて紹介していきます。


スポンサードリンク


犬の痴呆の対策は


夜鳴きの場合は飼い主さんに何かを
訴えている場合が多いと言われています。


何を訴えているのか飼い主さん側から
愛犬の訴えを聞いてあげるようにして
あげてください。


夜鳴きの原因として排泄したいという
ことがあります。
身体を上手く動かせ
ないため、夜鳴きをしてアピールして
いることも。


年齢を重ねるとトイレが上手く出来ない
ことをストレスに感じる犬もいます。


寝床にペットシーツを敷き詰めて、
そこでしてしまっても良い状態にして
おきましょう。


そして、トイレまで行かずにしても
大丈夫なんだということを覚えさせて
もいいかもしれません。


WS000570


また寂しさから夜鳴きすることもあり
ます
ので、飼い主さんが使っていた
タオルをそばに置いてあげるなどして、
出来るだけ愛犬の気持ちに沿うように
してあげてください。


声をかけたり、なでてあげることで
落ち着いて夜泣きやめることもあり
ますが、これでは飼い主さんが大変
すぎます。


夜鳴きを出来るだけ少なくしなければ
飼い主さんも自分の生活に支障が
出ますし、近所迷惑になる可能性も出て
くるので、出来るだけ軽減させたいところ
です。


夜鳴きを少なくさせるために、昼間に
運動をするように心がけて、寝させ
ないように
しましょう。


昼間に寝てしまいそうになったら、
声をかけてあまり寝れないようにする
のも効果的です。


(可哀想に聞こえるかもしれませんが、
その分夜に寝てくれます。)


それでも軽減しない場合は獣医に相談
して、犬が眠れる薬を処方してもらう
ことも
考えてください。


犬の睡眠をコントロールすることに
賛否両論があります
が、介護しきれずに
捨ててしまうしかなくなるケースも多い
です。


そんなことになるくらいなら、人間側
で睡眠のコントロールするということも
考えておかなければいけないでしょう。


夜泣きしている状態は犬は不安な気持ち
を抱えているので、それを和らげるため
にもお薬の選択もあるということです。


WS000533


犬の痴呆の徘徊の対策は


徘徊は犬の認知能力が衰えてきている
と危険が伴います。


しかし好きなだけ徘徊させてあげる
気がまぎれるようですので、出来るだけ
歩かせてあげてください。


徘徊するのにあまり距離は関係あり
ません。


室内で円形のサークルを作ってその中を
ぐるぐる歩かせるのが安全
に徘徊させる
ことができるのでおすすめです。


自分で歩くことができるうちは好きな
だけ歩かせてあげるようにしてください。


痴呆の犬の徘徊行動は基本的に同じ所
をクルクルと回ります。


大きめのサークルで囲ってあげて、
ぶつかっても大丈夫な壁を作ってあげる
と安心です。


WS000522


痴呆の進行を少しでも予防する


痴呆の症状が進行しないように日々
予防を心がけることも大切です。


例えば日光浴させて昼夜逆転の生活を
しないようにするとか、積極的に運動
させる
ことが大切です。


お散歩の時間やルートを変えることで、
出会う友達が変わったり、土や草の匂い
が変わったりすることが脳に刺激になり
ます。


また名前を呼んであげたり、マッサージ
をしてあげたり
することによって、
飼い主さんとのコミュニケーションを
図れば、愛犬の気持ちも落ち着きます。


これは痴呆症の症状を緩和するのに有効
とされていることです。


DHA(ドコサヒキサエン酸)やEPA
(エイコサペンタエン酸)は痴呆症の
症状を緩和するサプリメントとして
有効です。


これらの予防法を行うことで少しでも
長く愛犬との楽しい生活を楽しむよう
にしてみましょう。