犬にチョコレートがダメってよく効き
ますが、なぜだめなんでしょうか。

その理由とは?また、致死量はどれ
くらいなんでしょうか?食べてしまった
時の応急処置は?まとめてみました。

スポンサードリンク


犬に与えるおやつとしてチョコレート
は大丈夫なのでしょうか。


結論としては絶対に与えてはいけません。


ダメな理由はチョコレートにはテオ
ブロミンという成分が含まれており、
犬たちにはこのテオブロミンを解毒
分解する能力がない
からです。


このテオブロミンはカフェインに似た
ような成分で、チョコレートだけでなく、
お茶やコーラなどにも含まれます。


チョコレートを犬に与えると下痢や嘔吐
興奮状態、不整脈、多尿、血尿、発熱、
ふるえ、脱水症状などの中毒症状を引き
起こします。


最悪な場合は死に至ることもあります。


犬がチョコレートがダメな理由として
こういう事例が多数あるので多くの
獣医師も注意を促しています。

スポンサードリンク


チョコレートがダメな理由を理解した上
で、次は致死量はどれくらいかというと、
これには個体差があるので明確な量が
公表されていません。


しかし平均的な例として挙げられて
いるのが、10kgの犬の場合、500mg
~1,000mgのテオブロミンを摂取後、
約6~12時間で前述した中毒症状に陥
るとされています。


チョコレートに換算すると40g~80g
くらいの量です。


また、2,500mg~5,000mgのテオブロ
ミンの摂取で半数以上の犬が致死する
と言われています。


これはチョコレートに換算すると
およそ200~400gとされていますので、
10kgの犬がチョコレートを食べた場合の
致死量はこれくらいの量だと頭に入れて
おくと良いでしょう。


ただ、板チョコ1枚あたり60g前後
なので1枚ほとんどを食べてしまうと
中毒症状が出る可能性
が出てきます。


但し、これは健康な犬の場合で、肝臓
疾患などがある犬の場合はチョコレート
の包み紙についている少量のチョコ
レートでも致死量になる場合があります。


ですから出来るだけチョコレートは犬の
近くに落とさないようにする事が一番
大切です。


WS000163


犬がチョコレートを食べた時の応急
処置はすぐに動物病院に連れていく
ということです。


しかしすぐに行けない場合は応急処置
として吐かせることが有効になります。


犬が誤飲したときに吐かせる方法はこちらの記事へ↓↓
犬が誤飲したときに吐かせる方法は>>


飼い主さんが吐かせる方法もありますが、
一度病院に聞いてから行うようにした
ほうがいいです。


塩やオキシドールを使う方法があります。
いずれにしてもこれは健康な犬の場合
にのみ有効な方法ですから、アレルギー
のある犬や内臓疾患のある犬には行わ
ないでください。


また健康な犬の場合でもうまくいかない
場合がありますので、うまくいかなかった
からといって、がっかりしないでください。


すぐに獣医に診てもらいましょう。


犬はテオブロミンを分解できないので、
チョコレートを食べた時には応急処置など
の素早い対応ができると安心できます。


しかし何よりも犬が誤飲しないような環境
を整えていることが飼い主として責務だと
言えるでしょう。