犬がうどんを食べるのが大丈夫なのか
知っていますか。

与えるならどんなことに注意すれば
いいのでしょうか。

塩分やアレルギーなど注意点を紹介
します。

スポンサードリンク


犬にうどんをあげても大丈夫?


のど越しの良い、ツルッとしたうどん
は、私たち人間同様、犬も大好きです。


一見、味がしないので、たくさん食べても
大丈夫と思いがちですが、実はうどん
には結構な塩分が含まれている
んです。


うどん自体、食べさせても大丈夫なん
ですが、塩分を控えなければいけない
犬には、その量を気を付ける必要が
あります。

スポンサードリンク


うどんをあげる時の注意


うどんは、思いのほか塩分が高いので
生めんは避けて、加熱してあげると良い
でしょう。


茹でると、うどんの塩分は8割~9割
ほどの塩分が落ちます。


それでも、日常的にあげると犬にとっては
気になる塩分量なので、高血圧や、腎臓
に負担をかけるおそれ
があります。


うどんを主食として、お肉や野菜などと
混ぜてあげる場合、食べさせて良い
うどんの量は、約30グラムくらい。


うどんには、多少ビタミンなどは
含まれていますが、主には炭水化物
なので、うどんだけでは栄養が
偏ってしまいます。


できるだけタンパク質を混ぜてあげる
ようにしましょう。


そして、人間用のだし汁は使わず、
味付けもせず与える方が好ましい
です。


茹で汁にも塩分が含まれています
ので、茹でたら水洗いをするという
のも覚えておきたい注意点のひとつ
です。


このように、うどんは人間の食べ物の
中では、犬にも比較的安全な食物では
ありますが、あまり頻繁に与えると
肥満の原因にもなります。


犬用の低塩だしがついた、犬用の
讃岐うどんなども販売されている
ので、活用するのも良いですね。


うどんとアレルギー


ごく稀ではありますが、人間同様、
小麦アレルギーをもっている犬も
います。


そういう犬は、うどんを食べること
で、湿疹やじんましん、嘔吐や下痢
など、アレルギー症状が出ることが
あります。


こんなときには食べさせないように
してください。


初めて与える場合は、ごく少量から
試して、食べた後の様子をみる

安心です。


人間用の薬味などにも、ネギや玉ねぎ
やニラのように、犬に中毒を起こすもの
があるので、素うどんが好ましいです。


だしのついたうどんをあげる場合は、
その成分を確認すると良いでしょう。



うどんは、犬にとっては毎日の食事
として向いているものではあり
ませんが、食欲のないときや、
ご褒美的なおすそ分けとして与える
には良いですね。


あとは、気を付ける点さえおさえて
おけば、犬の食の広がりや楽しみ
にもなります。


トッピングなどを工夫してちょっと
した贅沢ごはんにしてあげては
いかがでしょうか。