犬にヨーグルトを与えても大丈夫なの
でしょうか?

また、与えたときには口臭やてんかん
に効果があるというのは本当なの
でしょうか?

スポンサードリンク


犬にヨーグルトは大丈夫?


犬には牛乳をあげない方が良いと
言われたりすますが、それは、牛乳は
乳糖が含まれているからです。


犬には乳糖を分解するための酵素が
少ないので、飲んだ後にお腹を壊し
やすい犬が多い
からなんです。


もちろん人間の私たちの中でも
、1リットル飲んでも大丈夫という人
もいれば、コップ1杯でお腹がぐず
ついてしまう人もいるのと同じです。



犬の中でも牛乳が大好きでお腹の調子
も崩さない子もいたりします。


でもヨーグルトの場合は、発酵するとき
に乳糖も分解されて、乳糖の量が減るため
食べても大丈夫な犬が多いのです。


身体に合えば、ヨーグルトは犬にとっても
腸内環境を整えて、免疫力アップ。
健康にもとても良いと言われています。


スポンサードリンク


ヨーグルトが口臭予防に?


犬も、食べ物がつまったり、歯垢が
たまったりすることで、虫歯や歯周病
になります。


口臭の主な原因は、歯垢の中の細菌が
増えることによって起こります。


ヨーグルトの乳酸菌には、細菌を増や
さないようにする性質
があり、口内の
悪い菌をなくしてくれる働きがあり
ます。


ヨーグルトを口に入れるだけで効果
がありますが、ヨーグルトで歯を磨く
のも効果大と言われています。



また、腸内の悪玉菌は食べたものを
腐敗させてガスなどの老廃物を作り
出していきます。


これも口臭の原因となっています。


ヨーグルトは腸内の悪玉菌の数を減ら
してくれる
ので、口臭予防に良いのです。


ヨーグルトはてんかんにも効果が?


元々は毛のつやを良くするために
ヨーグルトを食べ始めたてんかん持ち
の犬が、今までなかなか薬でも抑え
られなかった発作が全然起きなく
なったという例があります。


てんかんやひきつけは、ビタミンB6
を摂ることで改善されるのですが、
腸内環境が乱れていると、そのビタ
ミンB6がうまく吸収されないことが
あるのです。


そんな腸内環境をヨーグルトの乳酸菌
が整えてくれることで、ビタミンB6の
吸収もされやすくなり、発作が起き
にくくなる
というわけです。


てんかんが起きるのには、さまざまな
理由があります。


でもこのようにビタミンB群が欠乏する
ことで起きている発作であれば、ビタ
ミンB6を活性化させるビタミンB2など
のビタミンB群が豊富なヨーグルトを
食べることによる効果は期待できる
でしょう。


ヨーグルトをあげる時の注意点


このように、口臭、免疫力アップ、
てんかんにも、さまざまな効果が
見られるヨーグルトです。


しかし、もちろん例外もあり、ヨー
グルトが合わない犬もいます。


嘔吐したり下痢をしたり、乳製品に
アレルギーをもっている場合もある

ので、注意する必要があります。



また、ヨーグルトの量が多いと肥満
にもつながりますので、あげすぎない
ように気をつけましょう。


大体スプーン1杯くらいを目安に、
普段の食事にプラスして与えて
ください。


まずは様子を見ながら少量から
はじめること、そして、無糖の
ヨーグルトを選ぶことも大切ですね。