犬のよだれが大量になって止まらない
というのは気をつけた方が良い症状
です。

よだれが大量に出る原因は何なの
でしょうか?考えられる病気はなん
なのでしょう。

スポンサードリンク


犬のよだれの原因


犬は人間より汗腺が少ないため、
口呼吸で体温調節をします。


そのため身体が熱くなっている状
態の時にはよだれが出やすいのです。


お腹が空いているときに「待て」で
おあずけされているときなんかにも
よだれを出しますね。


このようなよだれは、特に問題が
なく正常なものです。


犬のよだれで問題となってくるのは


  • 歯や歯茎に大きなものが挟まっている
  • 口内炎や舌炎や歯肉炎など、口の中の炎症
  • 熱中症
  • てんかんの症状
  • 胃や食道のトラブル
  • 食べたものによる中毒症状
  • 乗り物酔

といろいろな病気や不調のサインな
よだれもありますので、正常なよだれ
かそうでないのかを見極める必要が
あります。

スポンサードリンク


よだれの量がいつもより多い場合は注意


病気などのトラブルを抱えたよだれは
量が多く、臭かったり、場合によって
は血が混じっていたりします。


まず口内トラブルの場合、歯や歯茎の間
にものが挟まっている場合は、口が
きちんと閉まらなかったり、口内の
異物を外に出そうと大量のよだれが
出ます。


口内が切れている場合は血が混じって
いたりします。



口内炎や舌炎、歯肉炎、咽頭炎など、
口内に炎症が起きている場合もたく
さんのよだれが出ます。


このときには口のニオイが臭いという
事も多いです。


それから、通常の体温調節ができなく
なった熱中症の状態でも大量のよだれ
が出ます。


胃や食道に異物が詰まっていたりする
消化器系の疾患の症状としても同じ
です。


特に、なんでも飲み込んでしまったり、
ごはんを慌てて食べる子犬に起こり
やすいので注意しなければなりません。



あとは、てんかんの発作が起きる前に
よだれが多くでることもあります。


他には、食べたものによる中毒症状の
時にも大量のよだれが出ます。


犬にとって危険な食べ物と言われる
のは、玉ねぎ、ニラ、にんにく、
ネギ、チョコレート、キシリトール、
ブドウ、レーズン、アボカド、魚の骨
鳥の骨、牛乳、キャットフード、
タコ、イカ、スルメ、エビ、ナッツ
などの豆類など。


できるだけ口にしないよう、気を
付けなければいけませんね。



その他、車酔いをしているときにも
よだれが多く出ます。


こうして並べてみると、大量のよだれ
が止まらないという症状にはたくさん
のサインがあることが分かったでしょうか。


しばらく様子をみて落ち着くものもあれば、
生死を分けるものもあるので、いつもと
違うなと不安に感じたら、早めに病院へ
行って受診された方が良いでしょう。