犬も夢を見ることが分かっています。

よく寝ている時に変な行動をしていたり
しますよね。いったい犬の夢にはどんな
意味があるのでしょうか?

スポンサードリンク


犬も夢を見る


犬は、よく眠っているなという印象
があると思いますが、24時間のうち、
12時間~15時間も睡眠をとっています。


夜はもちろん、昼間でも暇さえあれば
眠るという習性があります。


でも、人間の睡眠と違い、深い眠り
のノンレム睡眠が約2割で、浅い眠り
のレム睡眠が8割と言われています。


昔、野生で狩りをしていた犬は、いつ
敵に襲われるかわからない緊張感が
常にあり、身を守る本能から眠りが
浅いのです。


夢を見るのは眠りの浅いレム睡眠です
ので、たくさんの夢を見ている可能性
があるということですね。



甘えるような声で吠えてみたり
唸り声をあげてみたり
足をピクピク動かしていたり
半分目を開けて、何かもごもご話している


眠っているのに、こんな行動も良く
見かけますよね。私たち人間は、夢
を見ながら記憶の整理をしていると
言われています。


犬もまたそれと同じで、散歩に出かけた
ことや、美味しかったものや、怒られた
ことなどを思い出しながら、覚えて
いなければいけないことなんかも
を見ることで整理しながら記憶して
いくという意味がある
と言われています。


スポンサードリンク


犬の夢と行動


眠りながら足をピクピクさせていたら
きっと夢の中で駆け回っている


半分目を開けて唸り声をあげていたら
夢の中で何かと戦っている


甘えた声を出していたら、夢の中で
楽しく遊んでいる


その仕草や行動で、夢の内容まで想像
できたりしますよね。


うなり声をあげているのは、眠って
いるため口が開きにくいからで、
実際は夢の中で吠えていると考え
られています。



私たち自身ですら、夢のことはたぶん
こういうことだろうと思いつつ、
不思議なことや解明できないことも
たくさんあります。


犬の夢も私たち人間と同じメカニズム
だということなので、毎日の経験が
夢の中で映像になり、いろんな場所に
整理しながら、記憶に残されていきます。


寝ている顔やその行動が、危機迫る
ような、恐怖感や、苦しい感じが
伝わってくるようでしたら、すぐに
でも起こしてホッとさせてあげたい
ところです。


しあわせそうな顔で、無防備な安心感
のある寝姿で穏やかな夢を見ている
ようであれば、少しでも長く夢の中で
楽しめるように、そっと見守ってあげ
たいところですよね。


ノンレム睡眠がたった2割の、なかなか
熟睡できない犬ですから、寝床は、
できるだけ人が通らない所に作って
ぐっすり眠らせてあげたいですね。