オス犬の去勢手術ってするかどうか
迷いませんか?去勢手術をすること
のメリットとデメリットってなんなの

でしょうか?

手術後に気をつけることはどんなこと
があるのでしょうか。

まとめてみました。

スポンサードリンク


オス犬の去勢手術のメリットは?


オス犬の去勢手術によって考えられる
メリットはいくつかあります。


・望まない妊娠を防ぐことができる。


・性的攻撃性が少なくなるため、
攻撃的ではなくなり穏やかになる。


・高齢犬になった時、かかりやすい
病気を予防することが出来る。


WS001207


・肛門のまわりのかかりやすい病気を
予防することで寿命がのびます。


・マーキングやマウンティングをする
前に去勢手術をした場合、将来しない
可能性が高くなります。


・性的能力が軽減されるため、メス犬
を追い回さなくなり交通事故などでの
怪我などを予防できる


WS001267


などが挙げられます。オス犬は近所の
メス犬が発情中であると、家の中でも
分かってなんとかしてでもそのメス犬
の下へ行こうとしたりします。


脱走してしまい、大怪我をしてしまう、
他の家の犬に怪我をさせたり、妊娠
させたりということは意外と多いこと
です。


去勢手術のメリットは良い点が多い
ように思います。


スポンサードリンク


オス犬も去勢手術のデメリットは?


オス犬の去勢手術にはメリットも
ありますが、もちろんデメリットも
いくつかあります。


・手術や処置など緊張感や痛みが続く
ためストレスになる。


・性的ホルモンの関係で体重管理が
難しくなります。


WS000770


・幼少期に去勢をすることによりその
時の子犬の性格が残りいつまでも落ち
着かない性格になる可能性もあります。


・去勢手術をすることによってかかり
やすい病気にかかる可能性があがる。
(骨肉腫など)


・ホルモンの関係で毛並みが一部悪く
なったりします。


などがデメリットとして挙げられます。
メリットデメリットを考えた上で去勢
手術の選択を考えてみてください。


WS000671


オス犬の去勢手術の後に気をつけることは?


去勢手術後に気をつけることは、
やはり傷口を舐めさせないことです。


どうしても、術後は違和感があり気に
なってしまい傷口を舐めてしまいます。


舐めて化膿してしまいます。


術後は、エリザベスカラーをつける
ことや多頭飼いの場合は他の犬が傷口
を舐めないよう小屋に隔離するなどの
予防が必要です。


WS000565


退院時にどのくらいで縫合部を抜糸
または、溶けるのかを確認しましょう。


そのほか去勢手術の後に気をつけ
なければいけないことは術後は
ホルモンバランスが崩れ太りやすく
なる
ので体重管理が必要になって
きます。


生殖活動に使っていたエネルギーが
あまってきますので術前の食事量・
運動量だと太ってしまう傾向があり
ます。


WS000485


運動量を増やしたり、食事の内容を
変えてみたり工夫が必要となってくる
ことが多いです。