犬がしっぽを追いかけたり、噛む理由
って知っていますか?

犬のしっぽが下がるときの気持ちって
どんな感じなんでしょう?

さらにしっぽがずっと上がらない時
には病気かもしれませんよ!

まとめてみました。

スポンサードリンク


▼犬がしっぽを追いかける・噛む理由は?


犬がしっぽを追いかけてクルクル回転
しているのを見たことありませんか?


見ているとバカだなぁと感じてしまい
かわいいですよね。その理由がけっこう
気をつけた方がいいことは知っていま
したか?


犬が自分のしっぽを追いかけたり、
噛んだりする理由は、3つほど
あります。


スポンサードリンク


ストレス


自分のしっぽを追いかける最も多い
理由は、環境の不満や飼い主に対して
のストレス
です。


飼い主が留守がちで構ってあげられ
なかったり、嫌いなお風呂など自分
の嫌なことが重なるとストレスを
たくさん抱えこのような行動をおこす
とされています。


犬にとってただのストレス発散です。


不快感


おしりのあたりに病気の可能性から
不快感があり追いかけている場合も
あります。


気をつけたいのは、病気や寄生虫の
原因になっている場合です。


おしりになにかくっついている気が
してくるくる追いかけてしまいます。


常にしっぽを追いかけている様子だと
病気を疑い
動物病院を受診しましょう。


気晴らしや暇つぶし


ただ単純に遊んでいたり、飼い主に
構って欲しい時やうれしい時など
喜んでいるときに追いかけたりも
します。


好奇心旺盛な子犬の時など、自分の
しっぽがゆらゆらおもちゃのように
見え追いかけてしまう子もいます。


一度始めると癖になりやすいです。


しっかり遊んであげたり、相手をして
あげたりしてもしっぽを追いかけたり、
噛むことが多いなら一度病院で相談を
してもいいかもしれませんね。


WS001208


▼犬のしっぽが下がるのはどんな気持ち?


犬のしっぽが下がっている時は、
相手に対し恐怖を感じていたり、
服従している時
です。


自分をできるだけ小さく見えるよう
にしています。


自分より大きい犬や初めての接近で
不安がっている時などによくみられ
ます。


もしかすると、おしり付近の怪我や
病気をかばっている場合もあります
のでずっと下がっている時は要注意
です。


WS000770


▼犬のしっぽが下がる・上がらないのはどんな病気?


しっぽが下がる、上がらない時は、
肛門周辺にトラブルがあることが
多いです。


肛門周辺にトラブルがありそれを
かばって下げたままにしていること
もあります。


肛門や肛門の近くに炎症があって
痛い時にもしっぽが上がらない状態
になることも。


WS000708


考えられる病気としては


肛門周囲炎(こうもんしゅういえん)
肛門周囲線炎(こうもんしゅういせんえん)
肛門のう炎(こうもんのうえん)


などがあります。


ダニやノミなどがいてアレルギーで
上がらなくなることやしっぽの筋肉痛
というのもあります。


さらに、子犬時代に虐待されたり、
精神的に成長できなかった犬では
しっぽが下がったままのことがあり
ます。


WS000705


この場合にはしっぽを下げている
だけでなく、耳も垂れるような状態
になります。