閉め切った室内では犬は暑く感じて
いるはずです。いったいどうやって
暑さ対策すればいいのでしょうか。

とくに室内犬の留守番のときは心配
ですよね。いつから対策していくのか
まとめてみました。

スポンサードリンク


室内犬の暑さ対策はいつから?


暑い夏を乗り切るために一体どんな
ことを対策していけばいいので
しょうか!


当たり前かもしれませんが、夏の暑さ
はかなりのストレスです。ストレスが
多ければ多いほど病気になりやすく、
寿命も短くなる
傾向があるので対策
していきます。


電気代がかかるからと考えてやめる
のはダメです。犬が快適に過ごす
ための必要経費と考えましょう。


暑さ対策をいつからすればよいのかは
基本的には犬をしっかり観察しておき
ます。


・舌を出してハッハッハッとパンティングしていれば暑すぎ


・口を開けて呼吸していれば暑い(パンティングを必死にしていない)


いつから暑さ対策していくのかは
犬が暑くて体温調節ときからして
いくようにしましょう。


スポンサードリンク


1.エアコンをつける。何度から?


キンキンに冷やす必要はありませんが
室内犬は暑いからといって、逃げ出す
ことが出来ません。


適温以上にならならいように、室温を
保つためにエアコンは室内犬にとって
は必須アイテム
です。


室温が何度からつければいいのかは
個体差にもよりますが、ヒトが暑い
ときには犬は暑いと感じています。


WS000673


上に書いた口呼吸を目安にしてもいいか
と思います。室温が25℃以上になれば
暑がる犬は多い
ようなので、目安にして
みましょう。


注意しておきたいことはエアコンの
設定温度と室温は同じではないと
いうことです。室内には温度計を
置いておくといいでしょう。


留守番のときはもちろんエアコンは
つけっぱなしで出かけますが、一緒
にいるときも室温には注意してくだ
さい。


エアコンをつけるのは何度から?
→→25℃を目安に。口で呼吸して
いれば暑がっているので室温が高い。


WS000700


2.ひんやりマット


触るとひんやり感じるマットが売られ
ています。好きな犬はその上でしか
寝なくなります。


留守番であろうが、一緒にいようが
暑い夏には用意しておきたいアイテム
です。


いろいろな種類のタイプがあるので
犬が気にいるものを選びます。


WS000672


硬い床でも寝そべるのを嫌がらない
犬なら石のタイプかアルミのタイプ
で十分です↓↓
クールマット ひんやりマット


硬い床が嫌い、老犬で関節が弱って
いるのならマットタイプのものを
選びましょう。↓↓
ひんやりジェルマット


マットタイプであれば噛みちぎって
飲み込まないように最初は見てる
ところで与えてください。


3.お手軽ペットボトル


よく言われているのがペットボトル
に水を7割くらい入れて冷凍します。


それをバスタオルなどでくるんで犬
に与える方法です。もちろんペット
ボトルのフタは取れないようにして
おく必要
はあります。


また、扇風機の裏側に凍らせたペット
ボトルを置いておき、冷たい風が扇風機
で流れるようにするのも効果的です。


留守番のときは氷が溶けてしまわない
時間だけしかダメですけど。


WS000527


犬の暑さ対策はしっかりしておき
ましょう。暑さのストレスは負担に
なります。


また、扇風機だけで暑さ対策になると
考えているのは危険です。扇風機が
効果的なのは汗をかく動物だけ
です。


犬にとっては扇風機の風だけでは体温
調節出来ません。一番良い暑さ対策は
エアコンで室温管理をすることです。


犬のためにも電気代は割り切って
あげてください。


暑さでどんなことになるのかは↓↓
犬が暑さでどんな症状が出てくるの??