暑さに弱い犬のためには暑さ対策は
しておかなければいけません。

今回は外飼いの犬の暑さ対策
ついて、散歩のときに注意すること
についてまとめてみました。

スポンサードリンク


外飼いの犬の暑さ対策!


日本の夏は高温多湿のため、暑さ対策
は必須です。口でハッハッハッと呼吸
するパンティングくらいしか体温調節
することができない
ためです。


しかし、多湿の日本ではこのパンティング
の効果は低いのです。しっかり暑さ対策
してあげましょう。


スポンサードリンク


日差し対策


夏の犬小屋は暑さがこもってヤバイ
温度になります。日差しが直接犬小屋
に当たらないようにしてあげる必要

あります。


すだれ、ヨシズを立てかけて直射日光
を犬小屋に当てないようにするのと、
犬小屋の周りも日差しをさえぎるよう
にしてあげるといいです。


もしくは家の日陰など直射日光が
当たらない場所に犬小屋を移動して
あげると良いでしょう。


または、犬が涼しい場所に自分で移動
できるように広めにサークルで囲うのも
効果的です。


WS000563


犬の穴掘り


犬が暑い時期に穴を掘っているとき
には出来るならそっとしてあげます。


地面の中は少しだけ気温が低いこと
を犬は本能的に知っており、暑さを
しのぐ場所を作っている
と考えられ
ます。


暑さから逃れようとしている行為
なのでそっと見守りましょう。


WS000278


犬がいる場所


犬があたれる場所はコンクリートより
も土の上の方がいいです。もちろん
日陰でなければダメですけど。


コンクリートは暑くなりやすく、
土であれば穴を掘れる方がいいです。


どうしてもコンクリートの上に
なる場合にはすのこを敷いて
あげるといいです。
通気性もよくなり、暑くなりにくい
です。


WS000343


凍りペットボトル


水を入れて凍らせたペットボトル
をタオルにくるんで犬に与えます。


ペットボトルのフタは外れたり
しないようには注意してあげてください。
噛んだりしない犬で気に入ってくれたら、
顎を乗せたりして涼んでくれます。


WS000218


犬のプール


水に入ることが嫌いではない犬で
あれば、暑さ対策としてプールは
効果的です。


犬が自由に入れるたらいなんかを
置いてあげてみてはどうでしょうか。
水がぬるくなりすぎないようにして
あげましょう。


WS000219


飲み水


外飼いであれば飲み水はぬるくなる
のが早いです。飲み水を置く場所も
日陰にして多めの水が入る器にして
あげます。


脱水は熱射病の第一歩なのでとくに
注意しておきます。


WS000112


外飼いの犬の暑さ対策はまずは直射
日光と飲み水からしていきましょう。


何もしていないときにもハッハッハッ
とパンティングしているなら犬は暑い
と感じています。


暑い時期の散歩で注意することは


暑い時期の散歩は犬にとっては過酷
です。


太陽の光に当たったアスファルトは
熱を持ち60℃
にもなります。


肉球がヤケドをしてしまうことも
少なくありません。


さらに犬は背が低いためアスファルト
に近い位置を移動することになり、
照り返しの熱も身体に浴びることに
なるため注意が必要
です。


WS000167


そのため、暑い時期の散歩は日中を
避けて早朝と夜にしなければいけ
ません。(真夏であれば朝の7時半には
もう暑いです。)


アスファルトを手のひらで触ってみて
熱いなと感じない時間帯であれば大丈夫

です。


涼しい時間に散歩してあげることが
一番の暑さ対策です。それでも呼吸が
荒く暑そうなら、水分補給出来るよう
に準備して散歩してあげましょう。


WS000155


暑さに弱い犬たちを守るためにも暑い
時間帯の散歩は避けてあげるように
しましょう。


暑さのストレスはかなり犬にとっては
負担ですよ。